ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 施策・計画 > 立川市業務継続計画<地震編>を改定しました

ここから本文です。

更新日:2017年12月25日

立川市業務継続計画<地震編>を改定しました

大規模な地震が発生し行政自身も被災した場合にも、必要な業務を早期に実施するための業務継続計画<地震編>を改定しました。

業務継続計画とは

業務継続計画(BCP)とは、災害時の利用できる資源が限られた中での業務の優先順位を事前に定めておき、災害発生時の業務継続や早期復旧を図るための計画です。

業務継続計画の必要性

大災害が発生した場合、市役所も被災する可能性が高く、通常の業務を行うことが困難になると予想されます。
しかし、市役所の機能全てが停止してしまうと、市民の生活や企業の活動に大きな支障が発生してしまいます。
このため、市役所はあらかじめ災害時における業務の優先順位を定めておくことが必要になります。

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部防災課 

電話番号:042-523-2111 (内線:2531)

ファックス:042-528-4333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。