ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > お知らせ > 臨時福祉給付金(経済対策分)の給付受付は終了いたしました。

ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付は終了しました。

臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付は、平成29年7月31日(月曜日)をもって終了しました。

申請受付状況等の確認は、臨時福祉給付金担当(042-523-2111内線1490)までお問い合わせ下さい。

臨時福祉給付金(経済対策分)の概要

臨時福祉給付金とは

消費税の引き上げによる影響を緩和するために、所得の低い方に対して、国が制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として給付するものです。

給付対象者

平成28年1月1日現在、立川市の住民記録台帳(住民票)に登録されている方で、平成28年度の市・都民税(均等割)が課税されていない方が給付対象者となります。

ただし、以下の内容に該当する方は、給付対象外となります。

  • 平成28年度の市・都民税(均等割)が課税されている方の扶養親族になっている方(被扶養者)
  • 生活保護による扶助等(注1)を受給されている方

注1)下記制度の受給者は、各制度の基準を見直し、消費税の引き上げによる負担増に対応しています。

  • 生活保護制度による扶助を受給されている方

  • 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律の給付を受給されている方

  • ハンセン病問題の解決の促進に関する法律によるハンセン病療養所非入所者給与金を受給されている方

  • ハンセン病問題の解決の促進に関する法律第19条の規定による援護を受けている方

給付額

給付対象者1人につき、1万5千円(一律)

消費税の引き上げによる食費の負担増に相当する、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分の金額です。

振り込め詐欺や個人情報の搾取にご注意を

臨時福祉給付金を装った振り込め詐欺にご注意ください。

  • 市の職員などが、電話でATM(現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 市の職員などが、臨時福祉給付金のために、手数料などの振込をお願いすることは絶対にありません。
  • 「おかしいな」と思ったら、お早目にご家族や下記の担当か立川警察署にご相談ください。

福祉保健部福祉総務課臨時福祉給付金等担任(042-523-2111内線1490)

立川警察署(042-527-0110又は、#9110)

市民生活部生活安全課生活安全係(042-528-4376)

「臨時福祉給付金(経済対策分)」の“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください(外部サイトへリンク)

厚生労働省の相談窓口(専用ダイヤル)

電話番号:0570-037-192

開設時間:平日午前9時から午後5時 

 

お問い合わせ

福祉保健部福祉総務課臨時福祉給付金等担任
042-523-2111(内線1490)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。