ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市の紹介 > 名誉市民

ここから本文です。

更新日:2018年3月1日

名誉市民

本市の名誉市民についてお知らせします。

概要

立川市では、昭和41年12月に名誉市民条例を制定しました。

名誉市民とは、立川市民又は市に縁故が深い方であって、公共の福祉の増進、学術、技芸その他文化の興隆又は地方自治の進展に寄与し、その功績が顕著で、深く市民が尊敬する方に贈られる称号で、市長が議会の同意を得て選定することとなっています。

名誉市民となられた方には、名誉市民章をお渡しするとともに、市役所内に胸像を設置して功績を称えます。

名誉市民

中嶋舜司(明治28年(1895年)3月7日~昭和56年(1981年)3月11日)

  • 昭和43年(1968年)選定
  • 立川村で生まれ府立第二中学校修了後、村議・町議・市議会議員をつとめ、立川町長、市議会議長、立川市長(3代・5代)を歴任

市政の推進に貢献し、昭和33年(1958年)、地方自治功労者として藍綬褒章、41年(1966年)に勲五等双光旭日章などを受章。

お問い合わせ

総合政策部秘書課秘書係

電話番号:042-523-2111 (内線:2757)

ファックス:042-528-4348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。