ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 保育施設 > 保育施設利用者負担額(保育料)について > 保育施設利用者負担額(保育料)の多子軽減制度の改正について

ここから本文です。

更新日:2017年8月28日

保育施設利用者負担額(保育料)の多子軽減制度の改正について

立川市では、平成28年度4月より、低所得世帯の方を対象に、保育料の多子軽減制度の年齢制限をなくすことなどにより、保護者の負担軽減を図ることになりました。

 目次

 軽減適用となる対象と軽減内容

下記のいずれかに該当している世帯が軽減の対象となります。なお、今回の改正の対象にならない世帯には、従来の多子軽減制度が引き続き適用になります。

注意)軽減が適用できない世帯

 市民税所得割額が57,700円未満の世帯

世帯の市民税所得割額が57,700円未満で、保育施設在園児以外にも兄姉がいる場合は対象となります。兄姉の年齢制限はありません。

  • 軽減内容・・・第2子は保育料半額、第3子以降は無償

 市民税所得割額が77,101円未満のひとり親の世帯

世帯の市民税所得割額が77,101円未満のひとり親は対象となります。

  • 軽減内容・・・第1子は保育料半額、第2子以降は無償

 軽減が適用できない世帯

下記の場合は軽減が適用できませんので、ご注意ください。

  • 立川市外にお住いの場合・・・保育料は現在お住いの自治体が算定しております。軽減制度の適用につきましては、お住いの自治体の保育課に確認してください。

  • 世帯の階層が未決定の場合・・・保護者の市民税が未申告。または前年が立川市外にお住いの方で、課税証明書が未提出の場合は、保育料の算定ができないので軽減が適用となりません。

目次へ

 軽減の適用期間

  • 平成27年度の市民税所得割額が該当する場合・・・平成28年4月から8月分の保育料が軽減されます。
  • 平成28年度の市民税所得割額が該当する場合・・・平成28年9月から平成29年8月分の保育料が軽減されます。

目次へ

 申請方法

すべての子どもが同居している場合、申請は不要です。軽減適用となった世帯には、後日保育料の変更通知を送ります。

軽減の対象となる世帯で、別住所に居住する子どもがいる場合のみ、下記の通り申請してください。

提出書類

提出先

〒190-8666 立川市泉町1156番地の9 立川市役所保育課 保育入園係(郵送による提出可)

目次へ

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部保育課保育入園係

電話番号:042-528-4322

ファックス:042-528-4356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。