ホーム > 暮らし・環境 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 給付 > ジェネリック医薬品で負担の軽減を

ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

ジェネリック医薬品で負担の軽減を

急速に進む高齢化や医療の高度化等によって増え続けている医療費の抑制と被保険者の方の自己負担の軽減も図ることができることから、立川市国民健康保険では『ジェネリック医薬品』の利用促進に取り組んでいます。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分で、同等の効能・効果があると国に認められたものです。ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が切れた後に販売されるため、新薬に比べ一般的に安価です。
国は「平成29年度までに普及率を60%以上にする」という目標を掲げており、立川市では医療費の適正化に資するジェネリック医薬品の利用促進に向け、「ジェネリック医薬品差額通知」、「ジェネリック医薬品希望シール」の配布等を通じて被保険者の方への呼び掛けを行ってきました。
こういった取り組みを進めてきたことで、平成23年9月に数量ベースで37.2%であったジェネリック医薬品の利用率が平成27年12月には58.9%まで増加しています。

利用状況はこちらからご覧ください。立川市ジェネリック医薬品利用状況(PDF:83KB)

自己負担額の軽減が見込まれる被保険者の方を対象に、7月、10月、2月の3回、「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を郵送しています。

このお知らせは、現在使用しているお薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合に、どの程度薬代を減らすことができるのかを試算したものです。ジェネリック医薬品の利用は、医療費の負担の軽減を図り、またご家庭での医療費の節約、ひいては保険料の抑制にもつながるものです。

  • ジェネリック医薬品に切り替えたことにより、全ての薬代が必ずしも安くなるとは限りません。
  • 切り替えをご希望の際は、必ず医師、薬剤師にご相談ください。

現在お使いの薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合の薬の値段の差をお知りになりたいときは『かんたん差額計算』を、ジェネリック医薬品をお知りになりたいときは『かんじゃさんの薬箱』をご覧ください。
また、ジェネリック医薬品に関する国からのお知らせは、「厚生労働省ホームページ」をご参照ください。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保険年金課 

電話番号:042-528-4314

ファックス:042-523-2145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。