ホーム > 暮らし・環境 > 住民登録・戸籍 > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度) > マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2016年10月1日

マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意ください!

  • マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得、金品の要求等にご注意ください。

    マイナンバーキャラクター「マイナちゃん」

  • 少しでも不安を感じたら、すぐにお近くの消費生活センター(消費者ホットライン188番)警察(110番)等に相談してください。

 

これまでに報告されている主な事例

制度の手続に便乗してお金を要求するもの

  • 「マイナンバーカード(個人番号カード)の登録手数料にお金が必要」などと言われ、お金を要求された。

情報流出があったとしてお金を要求するもの

  • 「あなたのマイナンバーが流出している。登録を抹消するには第三者から名義を貸してもらう必要がある」などと電話があり、さらに別の者から「名義貸しは犯罪になって逮捕される」などと言われ解決するためのお金を要求された。

個人情報を聞き出そうとするもの

  • マイナンバー制度のアンケートとして家族構成や年金受給者かどうかを聞かれた。
  • 「マイナンバー制度の導入に伴い個人情報を調査中です」と言われ、資産や保険の契約状況などを聞かれた。

マイナンバー詐欺に遭わないために

その1:個人情報は教えない!

  • マイナンバーに関して個人情報(家族構成、口座番号、資産、年金・保険の契約状況等)を聞かれることはありません。
  • 通知カードが届かない場合に住所確認をさせていただくことはありますが、電話ではなく、身分証を持った市の職員が訪問又は文書によって行います。

その2:お金は払わない!

  • マイナンバーに関して金銭を要求されることはありません。
  • 通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失等による再交付には手数料(千円以下)がかかりますが支払いは窓口のみです。

その3:怪しい電話は切る!

  • 不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても断ってください。不審なメールは無視しましょう。

その4:すぐに相談!

  • 少しでも不安を感じたら、すぐにお近くの消費生活センター(消費者ホットライン188番)警察(110番)等に相談してください。

国の注意喚起チラシ(PDFファイル)

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部情報推進課主査(情報基盤整備等担任)

電話番号:042-528-4310

ファックス:042-523-2162

通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)については、市民課(内線1360・1373)にお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。