ホーム > 暮らし・環境 > 住まい > 耐震 > 耐震診断 > 木造住宅耐震診断助成制度

ここから本文です。

更新日:2015年4月14日

木造住宅耐震診断助成制度

立川市では、災害に強いまちづくりを進めるため、木造住宅の耐震診断助成制度を実施しています。

対象木造住宅

市内に所在する、昭和56年以前に建築された民間の戸建住宅、共同住宅及び併用住宅(ただし、住宅以外の用途部分の床面積の合計が延べ面積の2分の1未満のものに限る。)

対象者

対象木造住宅を所有する個人で、既に納期の経過した市税を完納している方

助成内容

(1)簡易耐震診断

無料

(2)耐震診断

診断費用の2分の1の額。(上限額10万円)
*耐震診断の助成は、耐震改修工事の実施を考えている方が対象

診断方法

(1)簡易耐震診断

市から派遣する一級建築士により、主に外観から10の調査項目について簡易な耐震診断を行います。
また、日頃から耐震について不安に思っていることなどの質問もお受けします。

(2)耐震診断

調査機関として登録されている建築設計事務所が、日本建築防災協会による木造住宅の耐震診断と補強方法に準じた耐震診断を行います。

申込方法

(1)簡易耐震診断

簡易耐震診断申請書に対象木造住宅の建築時期が分かる書類を添えて、住宅課へ申し込んでください。

(2)耐震診断

耐震診断申請書に下記の書類を添えて住宅課へ申し込んでください。ただし、簡易耐震診断を受けた方は、1と2は省略できます。

  1. 対象木造住宅の案内図
  2. 建築時期が分かる書類
  3. 耐震診断経費の見積書の写し

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部住宅課 

電話番号:042-528-4384

ファックス:042-528-4333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。