ホーム > 暮らし・環境 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 共通事項(土地・家屋・償却資産) > 固定資産税・都市計画税

ここから本文です。

更新日:2018年4月19日

固定資産税・都市計画税

固定資産税、都市計画税は、土地や家屋、償却資産を所有されている方に課税される税金です。

固定資産税とは、土地や家屋、償却資産を所有されている方に、その資産価値に応じて課税される税金です。

都市計画税とは、都市計画法などに基く都市計画事業などに要する費用に充てるために課すことができる目的税で、市街化区域内に所在する土地や家屋を所有されている方に課税されます。都市計画税の賦課徴収は、地方税法により固定資産税とあわせて行うこととされています。

納税義務者

賦課期日(毎年1月1日)現在に所有されている方が納税義務者となります。

このため、1月2日以降に土地や家屋を売却したり、家屋を取り壊した場合でも、1月1日の所有者に課税されます。

税額の算出方法

  • (固定資産税相当額)=(固定資産税課税標準額)×(税率1.4パーセント)
  • (都市計画税相当額)=(都市計画税課税標準額)×(税率0.24パーセント)

課税資産明細書

立川市では、固定資産税および都市計画税を課税するにあたり、地方税法第364条の規定に基づき、賦課期日(毎年1月1日)現在の固定資産課税台帳に登録してある資産(土地、家屋)の内容を示した「課税資産明細書」を郵送しています。この課税資産明細書の記載内容は、「土地・家屋名寄帳」と同じです。

なお、課税資産明細書は、納税義務者単位で名寄せしているため、全部非課税または全部免税点未満の場合には郵送していません。

関連リンク

お問い合わせ

財務部課税課土地係

電話番号:042-523-2111(内線1215・1216)

ファックス:042-523-2137

財務部課税課家屋係

電話番号:042-523-2111(内線1221・1222・1224)

ファックス:042-523-2137

財務部課税課償却資産係

電話番号:042-523-2111(内線1228)

ファックス:042-523-2137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。