ホーム > 暮らし・環境 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 共通事項(土地・家屋・償却資産) > 固定資産の名義を変更するとき

ここから本文です。

更新日:2016年12月17日

固定資産の名義を変更するとき

登記されている土地、家屋については、法務局で手続きすることになります。

登記されていない家屋については課税課に申請が必要となります。

登記されている土地、家屋

土地、家屋を所有されている方が名義を変更する場合(売買、相続など)は、法務局で所有権移転登記の手続きをしていただくことになります。法務局から課税課に通知がきますので、特に課税課への連絡は必要ありません。

この登記の手続きが終了した年の翌年度からその登記名義人に課税されます。

詳細につきましては、下記の関連リンク「東京法務局ホームページ」をご覧ください。

登記されていない家屋(未登記家屋)

課税課家屋係に申請が必要となります。

手続きに必要な書類

相続・遺贈の場合

  • (1)家屋課税(補充)台帳登録事項変更申請書
  • (2)遺産分割協議書の写し
  • (3)遺産分割協議書がないときは、確認書および印鑑登録証明書

相続・遺贈以外の場合

  • (1)家屋課税(補充)台帳登録事項変更申請書
  • (2)印鑑登録証明書
  • (3)契約書の写しまたは変更の理由を証する書類の写し

様式は下記の関連ファイルをクリックすると印刷してご使用いただけます。

関連ファイル

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部課税課土地係

電話番号:042-523-2111(内線1215・1216)

ファックス:042-523-2137

財務部課税課家屋係

電話番号:042-523-2111(内線1221・1222・1224)

ファックス:042-523-2137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。