ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 子どもによる医薬品の誤飲事故に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2015年1月13日

子どもによる医薬品の誤飲事故に注意しましょう

子どもによる大人用の医薬品の誤飲が多く発生しています。子どもの行動の特徴をふまえ、特に、子どもが誤飲すると入院等の重い中毒症状を呈するリスクが高い医薬品(向精神薬、気管支拡張剤、血圧降下剤及び血糖降下剤)の家庭における保管については十分注意しましょう。

家庭での医薬品の保管のポイント

子どもの手の届かない、見えないところに保管しましょう。

保管する場合には、鍵のかかる場所に置く、取り出しにくい容器に入れるなど、複数の対策を講じましょう。

子どもが医薬品を誤飲した際の相談機関

中毒110番電話サービス(通話料は相談者負担)

連絡先

大阪中毒110番(365日24時間対応)電話072-727-2499

つくば中毒110番(365日9時~21時対応)電話029-852-9999

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課母子保健係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。