ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 乳児ボツリヌス症予防のために

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

乳児ボツリヌス症予防のために、1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください

乳児ボツリヌス症とは

都内において、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事故がありました。

乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽・増殖し、その際に産生される毒素により発症します。乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児にはちみつを与えるのは避けてください。

 

ボツリヌス菌及び、乳児ボツリヌス症に関する詳しい情報は、東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課母子保健係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。