ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 風しん対策事業(抗体検査・予防接種)について

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

風しん対策事業(抗体検査・予防接種)について

平成29年度も引き続き風しんの抗体検査及び抗体検査の結果、低抗体価だった方に対する予防接種費用の助成を行います

風しんは、免疫のない女性が妊娠中(特に妊娠初期)に感染すると、胎児が先天性風しん症候群(難聴、心疾患、白内障などの障害)となるおそれがあります。
市では風しんの抗体検査及び抗体検査の結果、低抗体価だった方に対する予防接種費用(自己負担有り)の助成を行います。

抗体検査

対象者

19歳以上の妊娠を予定または希望している女性。
ただし、すでに含風しんワクチン(麻しん風しん混合ワクチン又は風しん単抗原ワクチン)の接種を2回以上受けていることが確認できる方、すでに当風しん抗体検査事業における抗体検査を受けている方及び他の医療機関で抗体検査を受け、低抗体価であることが確認できる方については除く。

費用

全額公費負担

予防接種

対象者

19歳以上の妊娠を予定または希望している女性で、以下の(1)~(3)のいずれかに該当する方

  • (1)風しん抗体検査の結果、低抗体価だった場合
  • (2)妊婦健診で低抗体価であることが判明し、出産後に速やかに予防接種を受ける場合
  • (3)自身で医療機関での抗体検査を受け(自由診療)、低抗体価だったため予防接種を希望する場合

(2)及び(3)の方は低抗体価であることが確認出来る書類等(コピー可)が必要になりますので、接種の際医療機関に提出してください。
妊娠中の方は接種できません。予防接種後2か月間は妊娠を避けることが必要です。

費用

  • 麻しん風しん(MR)混合ワクチン5,000円
  • 風しん単抗原ワクチン3,500円

接種の際、医療機関でお支払ください。
生活保護世帯の方は生活福祉課が発行する「生活保護受給証明」、中国残留邦人自立支援給付世帯の方は福祉総務課が発行する「受給証明書」の提出で、予防接種費用が免除となります。

実施期間

平成30年3月31日まで

実施方法

市内の指定医療機関に予約のうえ、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、発行から3か月以内の住民票のいずれか)を持参して実施してください。
指定医療機関は添付のファイルでご確認ください。

注意事項

風しん対策事業における抗体検査及び予防接種の費用助成は、年度に限らずそれぞれ1回限りです。
抗体検査の結果が判明するのに1週間以上かかる場合もあります。
市内指定医療機関以外では費用の助成が受けられません。また、費用の払い戻しはありません。

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課(健康づくり担当)予防健診係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。