ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 協定 > 災害時の応急救護活動における妊産婦及び乳児のケアに関する協定を締結しました

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

災害時の応急救護活動における妊産婦及び乳児のケアに関する協定を締結しました

立川市は、災害時の応急救護活動における妊産婦及び乳児のケアに対する支援及び協力を支援するため、公益社団法人東京都助産師会北多摩第一分会と「災害時の応急救護活動における妊産婦及び乳児のケアに関する協定」を締結しました。

協定の主な内容

災害発生時において、立川市が行う応急救護活動における妊産婦及び乳児のケアに対する公益社団法人東京都助産師会北多摩第一分会の支援及び協力に関し、必要な事項を定めています。

協定締結の背景

平成27年に作成した「健やかたちかわ21プラン」の策定にあたり、パブリックコメントを実施したところ「妊娠・出産・産後の女性の支援に備えて、東京都助産師会との協働を検討してほしい」との意見をいただき、立川市は、災害時において妊産婦や乳幼児が安全で、安心して生活できる環境の提供を目指して、東京都助産師会北多摩分会に支援活動への協力をお願いし、協議を重ねた結果、協定の締結に至ったものです。

協定締結の年月日

平成29年9月1日

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課業務係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。