ホーム > 市政情報 > 基地関連 > 横田基地 > 横田基地に関する情報 > 平成29年度 > 横田飛行場への戦闘機の飛来について(平成29年12月4日掲載)

ここから本文です。

更新日:2017年12月4日

横田飛行場への戦闘機の飛来について(平成29年12月4日掲載)

標記の件について、防衛省北関東防衛局から情報提供がありましたので、お知らせいたします。

また、横田基地周辺市町基地対策連絡会が行いました口頭要請について、下記のとおりお知らせいたします。

1.情報提供内容(12月1日付け)

11月18日(土曜日)及び19日(日曜日)の米軍横田基地へのF/A18の飛来について、米側に照会したところ、次のとおり回答を得ましたので、情報提供いたします。

  • 米側からは、F/A18 4機が横田基地に飛来しており、訓練内容等(離着陸の時間)については、運用に関することであるためお答えできませんが、タッチアンドゴーは実施した旨の回答を得ております。
  • なお、上記の情報提供を受けて、北関東防衛局から横田基地に対して、今後とも航空機の運用に当たっては、騒音規制措置を遵守し周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう配慮を要請しております。

2.横田基地周辺市町基地対策連絡会による口頭要請

横田基地周辺市町基地対策連絡会(幹事:羽村市)は、12月4日付けで、在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官、北関東防衛局長及び横田防衛事務所長に対し、次のとおり口頭にて要請いたしました。

今般、横田基地周辺住民から地元自治体に「11月18日(土曜日)及び19日(日曜日)の米軍横田基地へのFA-18の飛来」に関する問い合わせや苦情が複数寄せられたことから、防衛省北関東防衛局に事実確認等の照会を行ったところ、米軍から「FA-18(4機)が横田基地に飛来しており、訓練内容等(離着陸の時間)については運用に関することであるため、答えられないが、タッチアンドゴーを実施した」という回答が、防衛省北関東防衛局を通じて地元自治体に提供された。

また、地元自治体には、12月2日(土曜日)及び3日(日曜日)についても、横田基地周辺での戦闘機の騒音に関する苦情が寄せられている。

基地周辺住民にとっては、休息日である土曜日・日曜日に生じた事象であり、地元自治体として看過することのできないものであることから、改めて、次の点について要請する。

(口頭要請事項)

  • 横田飛行場における騒音規制措置を遵守すること。
  • 実施された戦闘機の訓練の目的や理由を明らかにし、地元自治体へ情報提供を行うこと。
  • これまでも要請を行っているとおり、基地外に影響を及ぼす恐れのある事案については、事前の情報提供を行うこと。
  • 飛行運用等全てにおける安全対策を徹底するとともに、基地周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう努めること。(※)

※国に対しては、「上記について、貴職から改めて米軍に申し入れること。」を要請

お問い合わせ

総合政策部企画政策課主査(基地対策・政策調整等担任)

電話番号:042-528-4302

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。