ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > ブックスタート事業~絵本を開く楽しさをお届けします

ここから本文です。

更新日:2017年1月9日

 

ブックスタート事業~絵本を開く楽しさをお届けします

会場の風景
会場の風景(JPG:2,688KB)

絵本の紹介もしています
絵本の紹介もしています(JPG:1,265KB)

お渡しする絵本セット
お渡しする絵本セット(JPG:711KB)

ブックスタートは、赤ちゃんと保護者が絵本を介して心ふれあうひとときをもつ”きっかけ”を、地域に生まれた”すべての赤ちゃん”にお届けする活動です。

立川市では、3~4か月児健康診査の会場で、お子さんの健やかな成長を願い絵本1冊と絵本を開く楽しい体験をお届けします。

会場では、市民ボランティアの方が、絵本セットをお渡しするとともに絵本の読み聞かせと、市の子育て支援情報をお伝えしています。

絵本セットの中身

  • 絵本1冊
  • その他各種子育てパンフレット等

お子さんも、お母さんお父さんも、健康診査の後でお疲れのことと思いますが、ぜひブックスタート会場へお寄りください。お待ちしています。

絵本をひらく楽しみとゆったりした時間をお過ごしください。

ブックスタートって?

ブックスタートは、赤ちゃんと保護者に、絵本を開く楽しい時間と心ふれあうひとときを持つきっかけをつくる活動です。赤ちゃんの生まれた環境に関わらず、大好きな人と絵本を開く”きっかけ”を、すべての赤ちゃんと保護者へお届けします。

なぜ絵本なの?

絵本を開くとそこには絵があり、リズムのあることばがあふれ、赤ちゃんに語りかける要素がたくさんつまっています。絵本は、赤ちゃんと一緒にいる人が、赤ちゃんに優しいことばで語りかけ心を通わせるひとときを、ごく自然に作り出すことができるツールだからです。

絵本はいつもらえるの?

3~4か月児健康診査の会場で、健診が終わった後に事前に郵送したピンク色の引換券と引き換えにお渡ししています。お時間のある方へは、市民ボランティアの方が絵本の読み聞かせと、市の子育て支援情報を一人一人に丁寧にお伝えします。

4か月の子に絵本は早いのでは?

絵本を始めてみるお子さんは、色々な反応を見せてくれます。手で触ってみたり、絵本を読んでいる方の口元をジィーっとみつめたり、時には笑顔で応えてくれたり。赤ちゃんそれぞれに絵本の楽しみ方があります。お子さんの可愛い反応をお楽しみください。

なぜボランティアなの?

生まれてきた赤ちゃんを『ご家族と一緒に地域のみんなも見守っているよ』というメッセージをお届するために、研修を受けた市民ボランティアの協力を得ています。

なぜ健康診査会場なの?

立川市に生まれたすべての赤ちゃんに出会える場所だからです。

健診会場へ行けない場合はもらえないの?

会場で引き換えできなかった方にもお渡ししています。健康会館か子ども家庭支援センターへ引換券を持ってお越しください。

お越しになれない場合は、お電話でご相談ください。

絵本がすべての赤ちゃんに届くことを願っています。

 

お問い合わせ

子ども家庭部子ども家庭支援センター子ども家庭支援センター係

電話番号:042-528-6871

ファックス:042-528-6875

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。