ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > ほっとファミリー(養育家庭)について

ここから本文です。

更新日:2017年3月14日

ほっとファミリー(養育家庭)について

さまざまな理由で親と一緒に暮らすことのできない子どもたちを家庭で養育する、養育家庭(ほっとファミリー)の制度をごぞんじですか?

ほっとファミリーロゴ
ほっとファミリーロゴ(JPG:8KB)

都は、さまざまな理由で親と一緒に暮らすことのできない子どもたちを、家庭に迎えて養育していただく「養育家庭制度」を推進しています。

東京都では、この養育家庭をさらに親しみやすく、かつ多くの方に覚えていただくため、「ほっとファミリー」という愛称で呼んでいます。

どんな子どもを預かるの?

  • 親の病気、死亡、家出などの事情で、親がいない。
  • 親と一時的にいっしょに暮らせない0歳から18歳の子どもたちです。

誰でも養育家庭になれるの?

  • 養子縁組を目的としないで子どもを養育できる、申込時の年齢が25歳以上65歳未満のご夫婦
  • 配偶者のいない方でも、年齢が25歳以上65歳未満で、子どもの養育経験があるか、または、保育士・看護師等の資格があり、20歳以上の子または父母等が同居している方
  • 住居に、台所から独立した居室が2室10畳以上あること

養育家庭は、ごく一般のご家庭です。また、子どもを預かっていただく間は、都や国から養育費の援助があります。

くわしくは、下欄「関連リンク」から、東京都ホームページの「ほっとファミリーのページ」をご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

子ども家庭部子ども家庭支援センター 

電話番号:042-528-6871

ファックス:042-528-6875

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。