ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > 10・11月は里親月間です。ご存知ですか、養育家庭(里親)のこと。

ここから本文です。

更新日:2017年9月26日

10・11月は里親月間です。ご存知ですか、養育家庭(里親)のこと。

養育家庭(ほっとファミリー)

 

あいちゃん歌

もとの家庭で暮らすことのできない子どもと、養子縁組を目的とせず、いっしょに暮らす里親制度を養育家庭(ほっとファミリー)といいます。

子どもの健やかな成長には、温かい家庭生活を経験することがとても大切です。しかし都内には、何らかの事情で家族と生活のできないこどもたちが約4,000人います。

このような子どもたちを自分の家庭に迎え入れ養育している里親がいます。この養育家庭を親しみやすく、多くの方に覚えていただくため、「ほっとファミリー」という愛称で呼んでいます。

 

養育家庭(ほっとファミリー)になってみませんか?

申込みに資格はいるの?

都内にお住まいで、25歳以上65歳未満のご夫婦おやすみあいちゃん

  • 配偶者がいない場合は、
  1. 主たる養育者(申込者本人)が、25歳以上65歳未満で、子どもの養育経験又は保健師・看護師・保育士の資格があること。
  2. 主たる養育者を補助できる20歳以上の家族が同居している方。

居室が2室10畳以上ある

お預かりする子どもは?

  • 親の離婚、家出、病気、虐待などの理由で、親と一緒に暮らすことのできないおおむね0歳から、18歳までの子どもです。

お預かりいただく期間は?

  • 原則として1か月以上です。
  • 2年を超える場合、2年ごとに子どもを継続して預かるかどうか確認があります。
  • 短い期間であれば…という方には、養育していただく期間が2か月いないと見込まれる子どもを預かることができます。また、他の養育家庭が現に預かっている子どもを数日間預かることができます。

養育に係る費用は?

  • 委託中は、養育費(子どもの生活費等と里親手当)が支払われます。

養育に必要な支援は?

ほっとファミリーロゴ

  • 児童相談所が中心となって支援を行います。
  • 支援に当たっては、児童相談所業務を行う民間の専門機関や経験豊富な養育家庭、施設の専門職員と連携を図っていきます。
  • 養育に疲れた場合は、子どもの養育を一時的に休息できます。
  • 養育家庭同士が集まる機会があります。
  • 研修等により養育に必要な知識を学ぶことができます。

お知らせ

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部子ども家庭支援センター子ども家庭支援センター係

電話番号:042-528-6871

ファックス:042-528-6875

立川児童相談所042-523-1321

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。