ホーム > 子育て・教育 > キッズページ > いろんなところに出かけてみよう! > おすすめスポット

ここから本文です。

更新日:2014年11月3日

おすすめスポット

国営昭和記念公園

日本を代表する国営公園で、広さは東京ドームの約40倍。園内には、季節の花が咲き、イベントもたくさんあります。
「みんなの原っぱ」では思い切り走り回ったり、ボール遊びやたこあげもできます。不思議なしかけやヒミツがいっぱいの「子どもの森」や花みどり文化センター屋上の「浮游の庭」も冒険ムード満点でおすすめだよ。

  • 場所:緑町・泉町・昭島市郷地町
  • 開園時間:開園はみどりの文化ゾーンが午前8時30分、その他が午前9時30分。閉園は季節によって変わります。
  • 休園日:年末年始及び2月の第4月曜日とその翌日
  • 入園料:みどりの文化ゾーンは無料、その他は有料(小・中学生は80円)

国営昭和記念公園ホームページ(外部サイトへリンク)

国営昭和記念公園・みんなの原っぱ

根川緑道・霧の広場

根川緑道のCゾーン「水とのレクレーションと休憩」をテーマした区域には、不思議な形をした柱が4本立っています。これは、井戸水や浄水を利用して人口の霧や滝を発生させる装置です。暑い夏の水遊びには、もってこいです。
ところで、根川の水は、下水道水を高度な処理で浄化し再利用しています。1日3千トンの再生水を上流の湧水口から流して、自然環境の保全と再生を図っています。

場所:錦町5-19

根川緑道・霧の広場

オニ公園(錦第二公園)

オニ公園の正式名称は「錦第二公園」です。テレビドラマや漫画の舞台になっていて、公園を見に訪れる人も少なくありません。
オニのすべり台は公園を作る際、町の鬼門を守り災いを防ぐために設置したといわれています。今では、オニの顔をかたどった滑り台をシンボルとしてポストカードや携帯電話のストラップが作成され、街おこしにも活用されています。

場所:錦町1-5-13

錦第二公園のオニの滑り台

立川まんがぱーく

立川まんがぱーくの蔵書は、まんがと絵本合わせて、約3万8千冊。施設内の床は畳敷きで、靴を脱いで上がります。座布団やベンチ、押入れのような空間も用意されていて、思い思いに居心地良い場所を探して、時間を気にせず自由にまんがを楽しむことができます。

  • 場所:錦町3-2-26子ども未来センター2階
  • 開館時間:平日:10時00分~19時00分
    土日祝:10時00分~20時00分
  • 休館日:年中無休
  • 入館料:1日大人400円/小中学生200円

立川まんがパークホームページ(外部サイトへリンク)

まんがパーク施設内

ファーレ立川アート

モノレール立川北駅を北に向かって降りると、そこはアートでいっぱい!ビルの周りにある36か国、92人のアーティストが作った109個のアートがみんなをお出迎え。大きい植木鉢やカラフルなヘビがからまった椅子、半分に割れた車…、探検気分でアート探しに出かけよう。

場所:曙町2-8、34~41

立川アートコレクションホームページ(外部サイトへリンク)

ニキ・ド・サンファル作「会話」

国立極地研究所南極・北極科学館

南極や北極がどんなところか、観測隊はどんなことをしているのか、そして何がわかったのかを教えてくれる展示施設。南極の氷や隕石を触ったり、実物の雪上車に乗ってみたりなどの体験もできます。他にも南極昭和基地や北極ニーオルスン基地のライブ映像を見ることができます。一番人気は、オーロラシアター。全天ドームスクリーンに、南極や北極で観測されたオーロラ映像が月替わりで上映されます。
ゴールデンウィークや夏休みには、子ども向けの特別イベントなどが企画されます。

  • 場所:緑町10-3
  • 開館時間:10時00分~17時00分(最終入館16時30分)
  • 休館日:年末年始及び日曜日、月曜日、祝日
  • 入館料:無料

国立極地研究所南極・北極科学館ホームページ(外部サイトへリンク)

南極・北極科学館

立川防災館

楽しみながら防災について学べる体験型施設。インストラクターの案内で、5つの体験(防災ミニシアター、地震体験、煙体験、応急救護訓練、消火訓練)ができます。他に、自由に見学できる「防災Q&Aコーナー」、「通報訓練コーナー」、「防災ゲームコーナー」「地震時の行動学習シミュレーションゲームコーナー」などもあります
ゴールデンウィークや夏休みには、子ども向けの特別イベントなどが企画されます。

  • 場所:泉町1156-1
  • 開館時間:9時00分~17時00分
    (体験実施時間9時15分-11時45分、13時15分-16時45分)
  • 休館日:年末年始及び毎週木曜日・第3金曜日(国民の祝日にあたる場合は直後の平日)
  • 入館料:無料

立川防災館ホームページ(外部サイトへリンク)

立川防災館

清掃工場温室

清掃工場の隣にある温室は、年中美しい花や緑を楽しんでいただける、‘知る人ぞ知る’心安らぐ癒しスポットです。

清掃工場でごみを燃やした熱を利用し、温水を室内に循環させて室内を暖めています。

  • 場所:若葉町4-11-19清掃工場内
  • 利用時間:9時00分~16時30分
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 入館料:無料

清掃工場温室

お問い合わせ

子ども家庭部子育て推進課 

電話番号:042-528-4342

ファックス:042-528-4356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。