ホーム > くらし・環境 > 交通 > 交通安全 > 交通安全情報 > 歩行者・ドライバーの交通安全

ここから本文です。

更新日:2018年11月26日

歩行者・ドライバーの交通安全

横断歩道での交通安全について、警視庁から交通安全情報が発信されたので、お知らせします。

交通事故にあわないため、交通事故をおこさないための参考にしてください。

1.歩行者のみなさん

  • 道路を横断するときは、青信号でも横断歩道でも左右をよく確認してから横断するようにしましょう。

車には死角があるため、車のドライバーがみなさんを見落としているかもしれません。車のドライバーとアイコンタクトをとり、車が自分に気づいていることを確認することも大事です。場合によっては車を先に行かせるゆとりを持つことも大切です。

  • 信号無視、ななめ横断や横断禁止場所での横断はしないでください。
  • ながらスマホなどは、視野が狭くなることで、無防備な状態になります。歩きながら、横断しながらのスマホなどはやめましょう。

横断歩道での交通安全情報(歩行者向け)

2.ドライバーのみなさん

  • 横断歩道は歩行者優先です。横断歩道等を渡ろうとする歩行者等がいる時は、一時停止を譲ってください。

横断歩道に差し掛かる時は、すぐに停止できるように、安全なスピードで走行することが重要です。

  • 車を運転するときは交通ルールを守ることはもちろん、ゆとりをもった運転をお願いします。
  • 夕暮れ時には早めのライトオンを心がけましょう。

横断歩道での交通安全情報(ドライバー向け)

3.事故防止ために(交差点でのアイコンタクト)

  • 事故防止のために、歩行者とドライバーがアイコンタクトをして安全確認をすることも大事です。

交通安全情報

お問い合わせ

まちづくり部交通対策課交通企画係

電話番号:042-523-2111(内線2280)

ファックス:042-521-3020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。