ホーム > くらし・環境 > 交通 > 交通安全 > 交通安全情報 > 悪質・危険な自転車運転者に対する講習制度

ここから本文です。

更新日:2018年12月1日

悪質・危険な自転車運転者に対する講習制度

平成27年6月に自転車に関する改正道路交通法が施行され、信号無視、一時不停止、酒酔い運転、ブレーキ不良自転車運転など、一定の危険な違反行為を繰り返し(3年以内に2回以上)行った自転車運転者には、「自転車運転者講習」の受講が義務付けられました。

  • 3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上繰り返した場合、3か月以内の指定された期間内に、自転車運転者講習を受講することになります
  • 受講時間は3時間で、受講手数料は6,000円
  • 受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金がかかります

講習の対象となる危険行為とは、以下の14類型です

危険行為(14類型)

  • 1信号無視【道路交通法第7条】
  • 2通行禁止違反【第8条第1項】
  • 3歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【第9条】
  • 4通行区分違反【第17条第1項、第4項又は第6項】
  • 5路側帯通行時の歩行者の通行妨害【第17条の2第2項】
  • 6遮断踏切立入り【第33条第2項】
  • 7交差点安全進行義務違反等【第36条】
  • 8交差点優先車妨害等【第37条】
  • 9環状交差点安全進行義務違反等【第37条の2】
  • 10指定場所一時不停止等【第43条】
  • 11歩道通行時の通行方法違反【第63条の4第2項】
  • 12制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【第63条の9第1項】
  • 13酒酔い運転【第65条第1項】
  • 14安全運転義務違反【第70条】

警視庁ホームページ自転車運転者講習制度(別ウインドウで外部サイトへリンク)

お問い合わせ

まちづくり部交通対策課交通企画係

電話番号:042-523-2111(内線2280)

ファックス:042-521-3020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。