ホーム > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピック > 東京2020大会における自転車競技(ロード・レース)コースの誘致に関する要望書を6市合同で提出

ここから本文です。

更新日:2017年6月27日

東京2020大会における自転車競技(ロード・レース)コースの誘致に関する要望書を6市合同で提出

立川市は八王子市、府中市、日野市、国立市、相模原市と連名で、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における自転車競技(ロード・レース)コースの誘致に関する要望書」を東京都及び(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に提出しました。

 

要望書提出(東京都)

概要

多摩地域は、1964年東京オリンピックの自転車競技会場となり、今なおオリンピック・レガシーが市民の間で引き継がれている地域です。また、多摩西部と神奈川県西部地域は、豊かな自然と適度な起伏を有することから、近年自転車の聖地として愛好家が集う地域となっています。この地域は、起伏のあるコース設定を可能とし、競技性を一層高めることができ、アスリートファーストの観点からもロード・レース会場として適地であるとの考えから、東京2020大会における自転車競技(ロード・レース)コースの決定に関して、1964年のオリンピック・レガシーである多摩地域の甲州街道沿道5市及び相模原市を経由したプランの検討を、東京都及び東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会へ要望しました。

要望先

  • 東京都知事
  • (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長

提出日

  • 平成29年6月26日(月曜日)

 

お問い合わせ

産業文化スポーツ部オリンピック・パラリンピック準備室 

電話番号:042-523-2111

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。