ホーム > 市政情報 > 都市づくり > 都市づくり関連情報 > 立川駅西側新自由通路整備事業

ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

立川駅西側新自由通路整備事業

目的及び計画概要

本事業は、「第4次長期総合計画」及び「立川駅前歩道立体化計画」に位置づけられており、市民及び来街者の安全性・回遊性の向上を図ることを目的としております。

新自由通路を整備することにより、立川駅北口西地区第一種市街地再開発事業で整備するタクロス広場を介して、南北のペデストリアンデッキが接続されます。

事業概要

  • 事業名称:JR中央線立川駅西側新自由通路整備事業
  • 事業内容:幅員約9m、延長約115m
  • 事業期間:平成19年度~平成28年度
  • 費用負担:東日本旅客鉄道株式会社、国及び立川市が補助対象事業費のそれぞれ3分の1の負担することを基本としています。

スケジュール

平成20年度:調査設計

平成21年度:基本設計

平成22~23年度:実施設計

平成25年度:整備工事着手

平成28年7月:新自由通路本体工事完了

平成28年8月4日:新自由通路開通

新改札口について

新改札口については、平成28年8月4日、新自由通路の開通と同日に開業いたしました。

なお、新改札口の名称は「北改札口」です。

案内図20170118

自由通路

お問い合わせ

まちづくり部道路課 

電話番号:042-528-4361

ファックス:042-522-9725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。