ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 特産品 > 東京うど【生産量都内1位】

ここから本文です。

更新日:2016年12月20日

東京うど【生産量都内1位】

うど1 うど2

"東京うど"とは

特徴

うど10光の入らない室(むろ)と呼ばれる地下3mの穴ぐらで育てることによる、白い色が特徴です。

一般的なうどは山野に自生し、緑色をしています。

  • 旬の時期:12月中旬~4月
  • 効能:利尿作用や血行促進、便秘改善など

日本原産の野菜

うどはウコギ科(朝鮮人参やたらの芽と同じ仲間)の植物で、数少ない日本原産(やまいも、セリ、にら、ふき、わらび、みずな、じゅんさい、みつば、つるな、ゆり、はまぼうふう)の野菜で、ビタミンb1、b2、アスパラギン酸、アミノ酸等を含む、低カロリーで繊維質が多く、昔から痛風に効くとされ、利尿作用や血行促進、便秘改善等の薬としても用いられています。

歴史

うど栽培の発祥は京都付近と推定され、平安京の貴族たちに珍重されたといわれています。その後愛知から三重方面に広がりました。「東京うど」は江戸時代(1600年代)以降から栽培が始まり、初ガツオなどのように初物を楽しむ江戸っ子の粋な楽しみの一つでした。

立川でうどの生産が始まったのは、養蚕が衰退した昭和20年代からで、本格的に生産が始まったのは昭和30年代に入ってからです。収益性が高く、冬場の農閑期の貴重な収入源として栽培が盛んになりました。武蔵野、小平、国分寺を経て立川に栽培技術が伝わりました。武蔵野で行われていた室(むろ)での栽培は、立川の地質(崩れにくい関東ローム層や温度、湿度保持)が適していたため、立川が一番盛んになりました。

昭和40年代から栃木などの高原に根株の栽培を委託し、連作障害が出やすいうどの優良根株の確保と早出し生産に努めるようになりました。

現在約20軒の農家がうど生産に取組んでおり、生産量は年間約84トンとなっています。最盛期には80軒以上の農家で500トン以上の生産量をあげておりましたが、他産地の台頭や後継者問題等があり年々生産量が落ち込んでいます。平成18年度には市の特産品普及のための事業で、"立川こまち"という短めのうどをブランド化して販売を始めました。

平成25年度うど収穫量

(東京都産業労働局農林水産部「東京都農作物生産状況調査報告書」(平成27年3月)より)

順位 区市町村 作付面積(アール) 収穫量(t) 都内収穫量シェア(%)
1位 立川市

511

84

40

2位 国分寺市

294

39

18

3位 小平市

149

22

10

"立川こまち"とは

"立川こまち"とは"東京うど"を短くしたもので、お値段もお安く、持ち運びがしやすい大きさにしたものです。ぜひ、贈答用にご活用ください。

うど3 うど4

東京うど(立川こまち)の購入方法について

地方配送、お取り寄せ

東京みどり農業協同組合立川支店へお問い合わせください。

  • TEL:042-536-1824

(ご注意):時期によっては東京うど(立川こまち)をすぐに送ることができないことがございます。

 

 

 

直接購入

ファーマーズセンターみのーれ立川へお越しください。

(ご注意):時期によっては東京うど(立川こまち)の在庫がないことがございます。

東京うど(立川こまち)を使用したレシピ

うどと豚肉の四川風辛味炒め

うど9

香りと甘み、そして歯ざわりが魅力の春うど。

仕上げに酢を少量入れることにより苦味を和らげ、豆板醤のピリッとした辛さと、うどの甘みを味わえる一品。

独特の苦味や繊維質の食感が苦手なかたにもお楽しみいただけます。

材料

  • 豚こま肉…200g
  • うど…20cm
  • しめじ…100g
  • ピーマン…1個
  • 人参…40g
  • おろし生姜…5g
  • おろしニンニク…5g

調味料

  • 豆板醤…5g
  • 油…大さじ1
  • チキンスープ…大さじ2
  • 醤油…大さじ3
  • 日本酒…大さじ1
  • 砂糖…8g
  • 水溶き片栗粉…10g
  • 酢…小さじ1
  • 胡麻油…少々
  • ラー油…少々

作り方

  1. 各野菜を水洗いします。
  2. うどは、皮を厚めに剥き、3mmほどの薄切りにして酢水に浸します。
  3. しめじは、根を取り除きほぐしておきます。
  4. ピーマンは、種を取り、一口大に切ります。
  5. 人参は、皮を剥き、薄切りにします。
  6. 豚肉は、一口大に切っておきます。
  7. ボールに醤油・日本酒・砂糖を入れて合わせ調味料を作っておきます。
  8. 鍋に油(大さじ1)をひき、豆板醤・生姜・ニンニクを入れ香りを出し、続いて豚肉・野菜の順に炒め、スープを加え蓋をし、弱火にします。
  9. 野菜に火が通ったところで、合わせ調味料を加え、軽く鍋をあおり水溶き片栗粉でとろみを付け、仕上がりに酢・ごま油・ラー油を入れてお皿に盛り付けます。

ポイント

  • 皮を厚めに剥く

繊維の多い野菜のため、皮はきんぴらなどに利用できます。

  • 酢水にさらす(酢1:水5)

皮を剥いて空気に触れると、うどは黒く変色するためです。酢水に20分以上浸すとうどの風味が損なわれます。

うどと鰻のおろし餡かけ

材料

  • 鰻蒲焼…1尾
  • うど…2分の1本
  • 大根おろし…100g
  • 糸三つ葉…2分の1把
  • 汁生姜…少々
  • 水溶き片栗粉
  • 水…300cc

調味料

  • だしの素…小さじ1
  • 醤油…大さじ2
  • みりん…大さじ2
  • 砂糖…小さじ1

作り方

  1. うどを4cmの長さに切り、厚めに皮を剥きます。マッチ棒位の太さに切り、酢水に漬けて、あくを抜き水気を切っておきます。
  2. 蒲焼は、頭から4cmの長さに切り、幅を3等分にします。尾は幅が狭いので同じ大きさになるように切ります。
  3. 海苔を幅4cm、長さ10cmに切り、2の鰻を海苔の幅に合わせて、1のうどを5本くらいのせて、鰻ではさみ、海苔で巻きます。天ぷら粉に食用の黄粉を水で溶いて入れ、先の鰻を衣で揚げます。
  4. 鍋に調味料、大根おろしを入れ沸いたら水溶き片栗粉を入れて、とろみを付けます。3の鰻に餡を掛けて、刻み三つ葉と汁生姜を落とします。彩りに、グリンピースを散らします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京うど(立川こまち)を使用した立川観光協会推奨認定品

立川観光協会推奨認定品とは

立川観光協会推奨認定品とは、立川観光協会が推薦する立川を代表するお土産品です。

立川観光協会推奨認定品紹介

番号 商品名 店名

説明

1

うどセット(せんべい・あられ・羊羹) 信濃屋 うどの風味を生かしたせんべい、あられ、羊羹が一緒になったうど尽くしのセット。それぞれに刻んだうどが使われ、食感もいい。40年続く、手焼きせんべいの店が手掛けています。

2

立川育ち 久寿屋御菓子司花門 うどを挟んだ「立川育ち」など、地元由来の商品名は土産話のきっかけにも。

3

立川名物うどパイ 立川伊勢屋

うど感しっかりの「うどパイ」はインパクト大。

4

笹らぎ・八戸前沖鯖/若狭小鯛漬け/ミックス あら井鮨総本店

2012年「多摩の逸品コンテスト」受賞。脂がのった青森県産八戸前沖鯖・福井県若狭小鯛と、シャキシャキした東京うどの組み合わせが絶妙な一口サイズの笹の葉寿司です。女性への手土産に◎。

 

立川観光推奨品・認定品|立川観光協会|立川の観光情報をご案内いたします。(外部サイトへリンク)

立川市うど生産組合

立川市うど生産組合は、うどを生産する農業者で組織された農業生産団体です。
平成28年7月現在、19名の会員がいます

市内でのうどの直売のほか、農業祭(たちかわ楽市)ではうど焼きそばの販売を行い、東京うど(立川こまち)をPRしています。

うど5 うど6

関連リンク

お問い合わせ

産業文化スポーツ部産業観光課 

電話番号:042-528-4317

ファックス:042-527-8074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。