ホーム > 暮らし・環境 > 住民登録・戸籍 > 印鑑登録 > 平日夜及び土曜・日曜の印鑑登録と市民カード登録について(窓口サービスセンター)

ここから本文です。

更新日:2016年11月30日

平日夜及び土曜・日曜の印鑑登録と市民カード登録について(窓口サービスセンター)

窓口サービスセンターの月曜から金曜の17時から20時、土曜・日曜の8時30分から17時のご案内

印鑑登録証
印鑑登録証(JPG:99KB)

市民カード
市民カード(JPG:84KB)

!ご注意!
申請のお預かりのみになりますので、その日に証明書や市民カードの発行はできません。

印鑑登録の申請 

印鑑登録を新規に登録する場合

  • 申請時、窓口にいらっしゃる方やお持ちの身分証明書によって登録が完了するまでの日数が変わります。下の関連ファイル「平日夜及び土曜・日曜の印鑑登録手続きの流れ」をご確認ください。 
  • 身分証明書については、下の関連リンク「身分証明書について」をご確認ください。

印鑑カード・登録印を亡失した、または改印したい場合

  • いずれの場合も今までの登録を廃止し、改めて新規登録して頂く必要があります。
  • 登録をしている本人以外の方が申請にいらっしゃる場合は代理人選任届をお持ちください。
    代理人選任届の書き方については下の関連リンク「代理人選任届の様式」をご覧ください。
  • 印鑑登録証または市民カードには暗証番号を設定する事ができ、暗証番号を登録しておくと市内6箇所にある自動交付機で印鑑登録証明書・住民票・課税非課税証明書(ご本人分・現年度のみ)が、お取りいただけます。

ただし、暗証番号登録の申請ができるのは、ご本人のみです。(代理の方が代理人選任届をお持ちいただいても登録はできません。)

自動交付機についてのご案内は下の関連リンク「自動交付機のご案内」をご覧ください。

印鑑登録をせずに市民カードだけを申請する場合

  • 印鑑登録をせずに自動交付機を利用するための市民カードだけを申請する事ができます。その場合は、自動交付機で住民票・課税非課税証明書(ご本人分・現年度のみ)が取れます。

印鑑登録をせずに市民カードを作った後に、印鑑登録をする場合は必ず市民カードを持参して印鑑登録の申請をしてください。

新規に申請をする場合

  • 申請時にお持ちの身分証明書によって登録が完了するまでの日数が変わります。下の関連ファイル「平日夜及び土曜・日曜の市民カード(印鑑登録なし)」をご確認ください。
  • 身分証明書については、下の関連リンク「身分証明書について」をご確認ください。

市民カードを亡失した場合

  • 既存の登録を廃止し、新たに登録して頂く必要があります。

暗証番号を登録・変更する場合 

  • 印鑑登録をした時に暗証番号登録をしていなかったが、後から登録をする場合
  • 暗証番号を変更したい場合
  • 暗証番号を登録していたが、番号が分からなくなってしまった場合

既にお持ちの印鑑登録証または市民カードを必ずお持ちください。

運転免許証、パスポートなどの官公署発行の顔写真つきの身分証明証をお持ちの方はその日に暗証番号の登録・変更が完了します。

  • 身分証明書については、下の関連リンク「身分証明書について」をご確認ください。
  • 申請時にお持ちの身分証明書によって登録が完了するまでの日数が変わります。下の関連ファイル「平日夜及び土曜・日曜の暗証番号登録・変更 (カードあり)」をご確認ください。

印鑑登録できる方

  • 立川市に住所がある15歳以上の方で、住民基本台帳に記録されている方。
  • ひとり1個に限り登録できます。

成年被後見人の方は登録できません。

登録できる印鑑

  1. 住民基本台帳に記録されている氏名の全部・氏・名または氏と名の一部を組み合わせたもので表されている印鑑であること。
  2. 印影の大きさが、一辺の長さ8ミリ以上、25ミリ以内の正方形に収まるもの。
  3. 住民基本台帳に通称名が記載されている場合は、通称名の印影でも登録できます。また、イニシャルとして、ファミリー(ラスト)・ファースト・ミドルネームの頭文字を2個以上組み合わせて彫ったものも登録できます。
  4. 「印」「之印」「の章」等を付け加えて刻印したものも登録できます。
  5. 登録できる字の例
    「渡辺」と「渡邊」 (「渡辺」と「渡部」などは不可)
    「前沢」と「前澤」
    「斉藤」と「齊藤」 (「斉藤」と「齋藤」などは不可)
    「当」と「當」
    「万」と「萬」
           などに置き換えたものは登録可。

    別の漢字に書き換えられたものは不可(例)
    「一」と「壱」
    「二」と「弐」
    「川」と「河」
           など、異なる漢字に置き換えたものは登録不可。

登録できない印鑑

  1. 住民基本台帳に記録されている氏名の全部・氏・名または氏と名の一部を組みあわせたもので表していないもの。
  2. 職業、資格等他の事項を合わせて表しているもの。
  3. ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの。
  4. 印影の大きさが一辺の長さ8ミリの正方形に収まるもの。または一辺の長さ25ミリの正方形に収まらないもの。
  5. 印影が不鮮明なもの、または文字の判読が困難なもの。
     指輪兼用の印鑑
     摩滅したもの    等
  6. わくのないもの。
     わくがおおむね3分の1以上かけているもの
     逆さ彫り
     故意に損傷した印鑑   等
  7. その他登録印鑑として適当でないと認めるもの。

いわゆる「三文判」は、機械彫り・流し込みにより同じ印影の印鑑が数多く出回っているため、印鑑登録には不向きです。

関連ファイル

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部窓口サービスセンター担当課 

電話番号:042-540-0020

ファックス:042-540-0071

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。