ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > サービス・支援 > 障害サービス利用の手続き

ここから本文です。

更新日:2017年1月1日

障害サービス利用の手続き

利用相談や利用申請の後に、障害福祉サービスの必要性を総合的に判定するため、サービス利用希望者の心身の状況やサービスの利用意向、介護者や居住等の状況等を把握するとともに、相談支援事業者が作成するサービス等利用計画案を勘案し、その上で支給決定を行います。

支給決定までの流れは次のとおりとなります。
障害者の福祉サービスの必要性を総合的に判定するため、支給決定の各段階において

  1. 障害者の心身の状況(障害支援区分)
  2. サービス等利用計画案
  3. 社会活動や介護者、居住等の状況
  4. 訓練・就労に関する評価

を把握し、その上で支給決定を行ないます。

介護給付を希望する場合

  1. 障害福祉課に相談・申し込み、利用申請を行ないます。
  2. 障害支援区分の一次判定
    障害者の心身の状況を判定するため、80項目のアセスメントを行ないます。
  3. 二次判定(審査会)(医師意見書)
    審査会は、障害保健福祉をよく知る委員で構成されます。
  4. 障害程支援分の認定
    介護給付では区分1から6の認定が行われます。
  5. 勘案事項調査
    サービス等利用計画(案)、セルフケアプラン、地域生活、就労、日中活動、
    介護者、居住などの状況とサービスの利用意向を聴取します。
  6. 支給決定
  7. モニタリング
    一定期間ごとにサービス等利用計画に基づき、モニタリングを行います。

訓練等給付を希望する場合

  1. 障害福祉課に相談・申し込み、利用申請を行ないます。
  2. 障害支援区分の一次判定
    障害者の心身の状況を判定するため、80項目のアセスメントを行ないます。
  3. 勘案事項調査
    サービス等利用計画(案)、セルフケアプラン、地域生活、就労、日中活動、
    介護者、居住などの状況とサービスの利用意向を聴取します。
  4. 暫定支給決定
    訓練・就労評価項目→個別支援計画
    一定期間、サービスを利用し、1ご本人の利用意思の確認、2サービスが適切
    かどうかを確認します。確認ができたら、評価項目にそった一人ひとりの個別支
    援計画を作成し、その結果をふまえ本支給決定が行われます。
  5. 支給決定
  6. モニタリング
    一定期間ごとにサービス等利用計画に基づき、モニタリングを行います。  

お問い合わせ

福祉保健部障害福祉課 

電話番号:042-523-2111

ファックス:042-529-8676

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。