立川市

  • 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 教育委員会 > 文化財・資料館 > 歴史民俗資料館 > 歴史民俗資料館からのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年11月11日

歴史民俗資料館からのお知らせ

歴史民俗資料館と川越道緑地古民家園で行われる企画展や体験学習などの事業予定や、開館スケジュールなどをお知らせします。歴史民俗資料館については、関連リンク「歴史民俗資料館について」を、川越道緑地古民家園については、関連リンク「川越道緑地古民家園について」をご覧ください。

なお、資料館・古民家園とも駐車スペースには限りがありますので、来館・来園される際は、公共交通機関をご利用ください。

企画展・ミニ企画展

多摩郷土誌フェア関連講演会

平成31年1月19日(土曜日)に、多摩郷土誌フェアの関連講演会を開催します。それぞれ、直接会場へお越しください。

「多摩の仏教民俗」

江戸時代に寺院から広まった、鉦(かね)をたたいて念仏を唱える「双盤念仏」の変遷から、地域の民俗芸能を考えます。

講師:坂本要さん(筑波学院大学客員教授、立川市文化財保護審議会委員)

時間:午前10時から午前11時20分

定員:50名(先着順)

場所:女性総合センターアイム第3学習室

問合せ:立川市歴史民俗資料館042-525-0860まで

「多摩の戊辰戦争」

今から150年前、多摩地域の人々も戊辰戦争のさなかにありました。当時の村人の視点から、戦争を考えます。

講師:三野行徳さん(国文学研究資料館プロジェクト研究員)

時間:午前11時40分から午後1時

定員:50名(先着順)

場所:女性総合センターアイム第3学習室

問合せ:立川市歴史民俗資料館042-525-0860まで

「江戸時代多摩地域の村社会」

江戸時代多摩地域の村社会を、残された古文書から読み解きます。

「近世後期における多摩地域の平地林と「山仕事」」と、「鈴木平九郎と近世文書社会―「公私日記」を中心に―」の2講演を行います。

講師:太田尚宏さん(国文学研究資料館研究部准教授)、冨善一敏さん(東京大学経済学部資料室特任専門職員)

時間:午後2時から午後4時30分

定員:50名(先着順)

場所:女性総合センターアイム第3学習室

問合せ:地域文化課市史編さん担当(内線4044)まで

 

写真展「立川の風景と人のいとなみ―未来に伝えたいたからもの―」

立川市内各所にある文化財や、名所で撮影した四季折々の写真を展示します。あなたの知らない立川の風景に出会えるかもしれません。

日程:12月11日(火曜日)から2月17日(日曜日)(ただし休館日〔月曜日、月曜祝日の場合はその翌日〕は除く)

時間:午前9時から午後4時30分

場所:立川市歴史民俗資料館本館廊下掲示板

 

企画展関連講演会「立川にあった”東京飛行場”―陸軍飛行場から米軍基地へ、そして現在…―」【終了しました】

企画展「”空の都”たちかわ―立川飛行場の歩み―」に関する講演会として、飛行場のあった立川の歴史についてお話しいただきます。

日程:11月25日(日曜日)

時間:午後1時30分から午後3時

場所:女性総合センターアイム第3学習室

講師:楢崎茂彌さん(多摩地域の戦時下資料研究会)

定員:50名(申込み順)

申込み:立川市歴史民俗資料館042-525-0860まで(平成30年10月25日(木曜日)より受付開始)

 

企画展「”空の都”たちかわ―立川飛行場の歩み―」【終了しました】

立川の近現代史は立川飛行場の歩みとともにありました。米軍立川基地の返還から40年のときを経て、その歴史を振り返ります。

会期中には、関連イベントとしてギャラリートーク(展示解説)を行います(日程をご確認ください)。

日程:10月23日(火曜日)から12月2日(日曜日)(ただし休館日の月曜日は除く)

ギャラリートークは、10月27日(土曜日)、11月18日(日曜日)、12月1日(土曜日)の午後2時から行います。

時間:午前9時から午後4時30分

場所:歴史民俗資料館特別展示室

 

体験学習

歴史民俗資料館

市内文化財散歩「柴崎分水を歩く」

立川市指定史跡の柴崎分水に沿って、分水の歴史を学びながら市内を散策します(コース距離:約5キロメートル)。

日程:3月17日(日曜日)

集合:午前9時30分、JR西立川駅南口(小雨実施、荒天中止)

解散:午後0時30分頃、多摩モノレール柴崎体育館前駅(予定)

散策コース:JR西立川駅南口~第四小学校付近~陸橋~普済寺~沢の稲荷~多摩モノレール柴崎体育館前駅(※約5キロメートル程度の健脚向きです)

講師:小坂克信さん(立川市文化財保護審議会委員)

対象:小学生以上の市民(小学生は保護者同伴)

定員:20名(申込み順)

持ち物:雨具、飲み物、カメラ、帽子など(歩きやすい服装でお越しください)

申込み:立川市歴史民俗資料館042-525-0860まで(平成31年2月10日(日曜日)より受付開始)

 

体験学習「繭玉飾りと七草粥づくり」

小正月に、繭の豊作を祈っておこなわれた年中行事「繭玉飾り」と、1月7日に食べる「七草粥づくり」を体験します。

まゆだま団子で「焼き団子づくり」にも挑戦します。ぜひ親子でご参加ください。

日時:1月14日(祝日・月曜日)午前10時から午後1時

場所:立川市歴史民俗資料館体験学習室

対象:小学生以上の市民(小学生はほご大人のみの参加も大歓迎)

費用:小学生300円、大人500円(材料費として)

講師:立川民俗の会のみなさん

定員:30名(申込み順)

持ち物:バンダナかスカーフ、エプロン、タオル

申込み:立川市歴史民俗資料館042-525-0860まで(平成30年12月10日(月曜日)より受付開始)

 

市内文化財散歩「立川の古村を歩く」【終了しました】

立川の古代~現代を知ることができる由緒ある寺社・史跡を散策します(コース距離:約6キロメートル)。

日程:11月11日(日曜日)

集合:午前9時、JR立川駅南口(小雨実施、荒天中止)

解散:午後1時頃、立川市歴史民俗資料館(予定)

散策コース:JR立川駅南口~諏訪神社~八幡神社跡~普済寺~立川市歴史民俗資料館(※約6キロメートル程度の健脚向きです)

講師:白川重敏さん(立川市文化財保護審議会副会長)

対象:小学生以上の都民(小学生は保護者同伴)

定員:20名(申込み順)

持ち物:雨具、飲み物、カメラ、帽子など(歩きやすい服装でお越しください)

申込み:立川市歴史民俗資料館042-525-0860まで(平成30年10月10日(水曜日)より受付開始)

 

 

川越道緑地古民家園

古民家園でお茶を楽しみませんか?

春のうららかな気候のなか、古民家園のいろり端でお抹茶を味わうことができます。一服いかがですか?

申込み等は不要です。直接会場へお越しください。

日程:3月14日(木曜日)、4月21日(日曜日)

時間:午前11時から午後1時(受付は午後0時30分まで。ただし、材料がなくなり次第終了します。)

場所:川越道緑地古民家園の囲炉裏の間

講師:鎌田美貴子さん(生涯学習市民リーダー)

費用:無料(和菓子希望者のみ実費300円)

 

関連ファイル(資料館開館カレンダー)

資料館開館カレンダー(平成30年12月)(PDF:27KB)

資料館開館カレンダー(平成31年1月)(PDF:30KB)

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部生涯学習推進センター文化財係

電話番号:042-525-0860

ファックス:042-525-1236

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。