ここから本文です。

ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 防災モデル地区推進事業 > 【防災モデル地区推進事業】高松町地区編

更新日:2020年2月1日

【防災モデル地区推進事業】高松町地区編

第5回(避難所運営マニュアルの検討)-避難所ルールを検討中
第5回(避難所運営マニュアルの検討)-避難所ルールを検討中(JPG:161KB)

平成23年度から平成24年度にかけて防災モデル地区推進事業を実施しました。平成24年度は、「避難所運営の体制づくり」をテーマに、5回のワークショップを開催し、毎回多くの方にご参加いただきました。
地域の方々によるワークショップの内容について、毎回ニュースを発行していますので、ご覧ください。
※本事業は、平成25年1月29日(火曜日)のワークショップで全て終了しました。

平成25年1月29日(火曜日)、高松会館において、平成24年度第5回ワークショップを開催し、27名の方が参加されました。
当日は、今年度を通して検討してきた高松町地区の避難所運営マニュアル(避難所施設の利用方法、避難所運営の体制、生活する上で必要なルール等)の最終確認を行いました。
詳しくは、添付のニュース最新号(「地域で取り組む防災・減災まちづくり」【高松町地区編】第10号)をご覧ください。

今後について

震災直後から避難所による自治機能を円滑にするためには、事前に避難所運営委員会を組織化しておき、災害時にはできるだけ早い時期に避難所の自主的な運営が可能となるよう準備を進めておくことが重要です。今年度、多くの地域住民や関係機関・団体等にご参加いただいた5回のワークショップを通して、避難所の開設順序、施設利用方針などを検討してきました。最終的に、「第五小学校避難所運営委員会」を結成し、「第五小学校避難所運営マニュアル」を作成したことで、地域における避難所体制の第一歩を踏み出しました。
今後、完成した同マニュアルを地域防災訓練などで定期的に検証し、より充実した実効性のあるマニュアルにしていきましょう。

防災モデル地区推進事業(高松町地区)終了とお礼について

平成23、24年度と実施してきた標記事業も1月29日(火曜日)のワークショップで全て終了いたしました。おかげさまで、高松町地域から多数の方にご参加をいただきました。お忙しい中、ご参加いただきました市民、学校、事業所等の皆様に心より御礼申し上げます。

関連ファイル

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部防災課 

電話番号:042-523-2111 (内線:2531)

ファックス:042-528-4333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。