ここから本文です。

ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 予防・啓発 > 鳴りますか?住宅用火災警報器

更新日:2020年12月10日

鳴りますか?住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は、火災を早い段階で発見することができ、初期消火や119番通報等の行動が早まり、近隣への延焼被害も軽減します。市内においては、火災予防条例により、平成22年4月1日からすべての住宅に設置が義務付けられています。

また、住宅用火災警報器を設置した後は、その効果を維持するために定期的な点検や手入れを行い、正常に作動するか確認する必要があります。また、警報器本体の寿命は、おおむね10年です。設置後10年が経過したら新しい警報器に交換してください。

住宅用火災警報器は、命を守る大切な機器です。「いざ」というときにきちんと作動するように、日頃からお手入れや点検をしましょう。

 

お問い合わせ

市民生活部防災課防災推進係

電話番号:042-523-2111 (内線:2531)

ファックス:042-528-4333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。