ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 上下水道 > 下水道に関すること > 下水道の手続き > 下水道使用料の減免を受けるには(工事など)

更新日:2020年4月1日

下水道使用料の減免を受けるには(工事など)

建築・解体工事などで下水道使用料の減免を受けることができる場合があります。

建築工事や解体工事などの営業に伴う活動で、下水道に流入しない水量がある場合、下水道使用料の減免を受けることができる場合があります。

具体的な例

下記のような事例では、使用者において水量を計測するための適切な設備を設置することにより、下水道に流入しない水量を計測して、その分にかかる下水道使用料を減免することができます。

この場合、下水道に流入しない水量を計測するためのメータや配管などの設備の設置は、使用者の費用負担において行う必要があります。

  • 建築工事や解体工事で、粉じん防止のための散水に要する水量
  • 工場のボイラーで使用する水量のうち、蒸発すると認められる水量

個人が庭の草木などに散水することは、立川市下水道条例の定める「営業等」ではないため、減免の対象になりませんのでご注意ください。

減免が認められた場合は、2か月ごとに使用者の責任においてメータを検針し、市に報告していただく必要があります。

減免を受けるには、まずご相談ください。

工事、とくに解体工事において下水道使用料の減免を受けようとする際は、着工前にまずご相談ください。

ご相談の際は、現場の平面図や工程表をご用意ください。

申請を受理した後で現地確認を行います。そのうえで減免の可否を決定し、文書で通知いたします。


お問い合わせ

環境下水道部下水道管理課庶務係

電話番号:042-528-4329

ファックス:042-524-2603

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。