ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > ごみの分別・出し方 > 市では処理できないもの > シンナーや塗料類、石油や灯油は市では処理できません

更新日:2019年12月2日

シンナーや塗料類、石油や灯油は市では処理できません

シンナーや塗料類、石油や灯油は、ごみとして市では処理できません。ごみとして出してしまうと収集車内や総合リサイクルセンターの処理設備で火災事故が発生することがあります。

燃やせないごみの中に、市では処理できないものがごみとして出されています。これらの揮発性物質は、集めたほかのごみを溶かしたり、発熱して火災事故が発生することがあり、大変危険です。

処理は、販売店や専門の処理業者に処理を依頼するか、下記「お問い合わせ」までご相談ください。

ご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

環境下水道部ごみ対策課 

電話番号:042-531-5518

ファックス:042-531-5800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。