ここから本文です。

更新日:2020年2月1日

冷蔵庫の食品ロスを減らしましょう

「これ、いつのだろう」

冷蔵庫の中に消費期限切れの食品はありませんか?そんなついやってしまいがちなことを予防する冷蔵庫の食品ストッカー活用法を紹介します。

収納の見える化

食品ロス発生の一番の原因は「見えない」こと。奥のものを取り出しやすくしたり、期限を目につくところに書くなどして「見える化」しましょう。

冷蔵室

  • 透明なケースやラベルを使って中身がすぐわかるようにする
  • 上段は縦長のケースを使って取り出しやすくする
  • 缶やビンをケースにまとめてスペースを有効活用する

冷蔵室

 

野菜室

  • 野菜は立てて保存すると鮮度が長持ちする
  • 長い野菜は切ってから立てて収納する

立てる

その他

  • パックの中身をバラしてケースに立てて収納すると見やすく取り出しやすい
  • 調味料の賞味期限はふたなどの目につくところに書く
  • 早めに使ったほうが良いものは冷蔵庫の下段や手前に置く

ばらすふた

 

カテゴリー分け

朝食セットやお茶セットやお弁当セットなど、同じタイミングで使うものをストッカーなどでまとめて配置すると効率よく使い切ることができます。

  • 持ち手のついた容器に入れると取り出しやすくなる
  • お茶セットなどのお湯を使うものはポットのそばに置くと時間短縮になる

朝食お茶お弁当

収納容量を把握する

収納容量を把握することで買いすぎを防止できます。

  • セール品など、必要がないのに大量に買うことを避ける
  • 収納スペースに入る分だけ買うようにする

全体

その他のポイント

  • 開封した粉ものや調味料は冷蔵庫に収納すると湿気を防いで虫がつきにくくなる
  • 使用頻度が低いものは、冷蔵庫上段へまとめて保存する
  • 冷凍ご飯は容器で保存しておくと量がわかりやすくすぐに食べられる

 

お問い合わせ

環境下水道部ごみ対策課家庭ごみ減量係

電話番号:042-531-5518

ファックス:042-531-5800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。