ここから本文です。

ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 立川市の状況と動向(感染者数や対策・方針など) > 新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージ

更新日:2021年7月9日

新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージ

市民の皆さん、市長の清水です。

 7月12日から8月22日までの間、東京都に4回目の緊急事態宣言が発出されることになりました。7月23日には東京2020オリンピックの開幕を迎えることとなりますが、本市では、市民の皆さんの命と健康が最重要との考えのもと、競輪場や市民会館を活用したパブリックビューイングやコミュニティライブサイトを中止としたほか、市内小中学生の皆さんの学校連携観戦も中止といたしました。引き続き、手洗い、消毒の徹底とともに不要不急の外出、移動の自粛など、感染対策の徹底につきまして、オールたちかわでの取り組みにご協力をお願い申し上げます。

 さて、新型コロナウイルスワクチン接種につきましては、市内65歳以上の高齢者の皆さんへの接種に引き続き、基礎疾患のある方や高齢者施設等従事者、50歳以上64歳以下の皆さんなどへの接種を開始しております。また、多摩信用金庫と立川市医師会のご協力をいただき、市が主体となって行う職域接種として、まずは、保育士や幼稚園教諭、学童保育所の職員、高齢者施設や障害者施設の従事者の皆さんなどを対象に、一般接種とは別枠でモデルナ社製ワクチンによる接種を実施することとしました。その後、市立小中学校の教職員など対象者を広げるとともに、今後一般接種においても、より多くの市民の皆さんになるべく早くワクチン接種ができるよう、円滑なワクチン接種に努めてまいります。

 自らの命と健康を守るため、ひいては、家族やみんなの命と健康を守るため、不要不急の外出・移動の自粛、手洗いの徹底・消毒、会話をする際のマスク着用をお願いします。マスクの着用につきましては、体内に熱がこもり熱中症につながる指摘もございますので、息苦しいときには「密」を避けながら外すなど、自らを守るお気持ちで、感染予防と体調のバランスにはくれぐれもご配慮をお願いいたします。新型コロナウイルスワクチン接種につきましては任意接種となっておりますことから、お一人お一人がワクチンに対する正しい知識をご理解いただいた上で安心してワクチン接種をご判断いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 今この瞬間も、新型コロナウイルス感染症と闘っている医療従事者の皆さんやエッセンシャルワーカーの皆さんを始め、自粛にご協力いただいているすべての皆さんに、改めまして、心より感謝を申し上げます。

令和3年7月9日
立川市長 清水 庄平

お問い合わせ

総合政策部秘書課

電話番号:042-523-2111 (内線:2757)

ファックス:042-528-4348

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。