ここから本文です。

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > サービスの基盤の整備 > 平成31年度立川市地域密着型サービス事業者の公募について(応募申込終了)

更新日:2016年10月3日

平成31年度立川市地域密着型サービス事業者の公募について(応募申込終了)

第7期介護保険事業計画に基づき、介護が必要になっても住み慣れた地域で生活ができるよう介護保険サービスの整備を進めております。平成31年度においては、下記のとおり地域密着型サービス事業者の公募を実施します。

(注)地域密着型特別養護老人ホームの公募を実施しましたが、応募はございませんでした。

 

公募の概要

公募する地域密着型サービス

地域密着型特別養護老人ホーム

(定員29名以下)

上記に併設する看護小規模多機能型居宅介護(任意)

(登録定員29名以下)

 

  • 応募する地域は、市内全域としますが、既存の事業所が所在しない地域については優先度を高くします。
  • 併設の看護小規模多機能型居宅介護については設置を任意とし、地域密着型特別養護老人ホームのみでも受け付けますが、同条件あでれば併設で応募した事業者の優先度を高くします。
  • 審査状況によっては、決定事業者がない場合もあります。

 

公募に係るスケジュール

令和元年8月30日:一次審査書類の受付・開始

令和元年9月20日:一次審査書類の受付・終了

令和元年9月下旬:一次審査

令和元年10月上旬:「地域密着型サービス事業者公募要綱」等を市ホームページに掲載

令和元年10月16日:「地域密着型サービス事業者公募に関する説明会」開催

(二次審査の書類を提出するためには参加が必須です)

令和元年10月16日:二次審査書類の受付・開始

令和元年11月11日:二次審査書類の受付・終了

令和元年11月12日以降:二次審査(書類審査・ヒアリング等)

令和2年2月下旬:事業者決定(決定事業者なしの場合あり)

一次審査について

一次審査においては、以下を条件として、財務状況の確認を行います。

(1)サテライト型で地域密着型特別養護老人ホームを整備

(2)単独型で整備する場合、(地域密着型)特別養護老人ホームを安定して運営した実績を有すること

 

  • 過去3期連続して法人全体で黒字がでているか確認をしますが、(2)については拠点区分、及び、サービス区分・財務諸表を基に既に開設している(地域密着型)特別養護老人ホームに関して過去3期連続して黒字を確保していることについても確認します。一次審査において選定された事業者は、10月16日の『「地域密着型サービス事業者公募」に関する説明会』にご出席していただき、二次審査書類を11月11日までに提出していただきます。詳細は、10月上旬に市ホームページに掲載します。

 

  • 「地域密着型サービス事業者公募に関する説明会」、「地域密着型サービス事業者公募要綱」及び「二次審査」等については、10月上旬に市ホームページでお知らせいたします。

 

  • 一次審査において選定された事業者がない場合、看護小規模多機能型居宅介護を公募することとします。この場合、詳細は10月上旬に市ホームページに掲載します。

 

提出書類

法人概要、沿革等(様式任意)

定款、登記簿謄本

直近3年間の財務諸表(拠点区分・サービス区分)

提出方法

郵送又は持参

提出先

190-8666

立川市泉町1156-9

立川市福祉保健部介護保険課事業者係

提出期限

令和元年9月20日

お問い合わせ

福祉保健部介護保険課事業者係

電話番号:042-523-2111(内線1441)

ファックス:042-522-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。