ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 環境 > 騒音・公害 > 申請・届出 > 騒音規制法の特定施設を設置するとき

更新日:2020年12月18日

騒音規制法の特定施設を設置するとき

騒音を発生する施設の設置には届出が必要です

騒音規制法は、金属加工機・送風機・空気圧縮機等の大きな騒音を発生する設備を備えた施設を「特定施設」としてさだめています。特定施設を設置する方には、規制基準の遵守や各種の届出が義務付けられています。届出にあたっては、事前に環境対策課までご相談ください。

特定施設設置届出書

特定施設を設置するときは、工事開始の30日前までに設置の届出を行ってください。

特定施設の種類ごとの数変更届出書

特定施設の種類ごとの数を変更するときは、工事開始の30日前までに届出を行ってください。

騒音の防止の方法変更届出書

騒音の防止の方法を変更するときは、工事開始の30日前までに届出を行ってください。

氏名等変更届出書

事業場の名称、代表者の変更があったときは、変更があった日から30日以内に届出を行ってください。

承継届出書

特定施設の譲り受け、合併などがあったときは、承継があった日から30日以内に届出を行ってください。

特定施設使用全廃届出書

特定施設のすべてを廃止したときは、廃止日から30日以内に届出を行ってください。

関連ファイル

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境下水道部環境対策課環境指導係

電話番号:042-523-2111(内線2248・2249)

ファックス:042-524-2603

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。