ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 償却資産について > 生産性向上特別措置法による固定資産税(償却資産)の特例について

更新日:2019年4月26日

生産性向上特別措置法による固定資産税(償却資産)の特例について

中小事業者等が、市から認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づき、一定の設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税が3年間ゼロになります。
なお、「先端設備等導入計画」の認定については、関連リンク先でご確認ください。

特例措置の適用要件について

対象となる中小事業者等

  • 資本金もしくは出資金の額が1億円以下の法人
  • 資本金もしくは出資金を有しない法人のうち常時使用する従業員数が1,000人以下の法人
  • 常時使用する従業員数が1,000人以下の個人

次の法人は、たとえ資本金が1億円以下でも対象とはなりません。
1.同一の大規模法人(資本金もしくは出資金の額が1億円超の法人又は資本金もしくは出資金を有しない法人のうち常時使用する従業員数が1,000人超の法人)から2分の1以上の出資を受ける法人
2.2以上の大規模法人から3分の2以上の出資を受ける法人

(注)「先端設備等導入計画」の認定を受けられる「中小企業者」とは要件が異なりますのでご注意ください。

適用期間

市から「先端設備等導入計画」の認定を受けた日から令和3年3月31日までの間に取得した一定の設備が対象となります。

対象となる設備

下表の対象設備のうち、以下の2つの要件を満たすものが対象となります。
1.一定期間内に販売されたモデルであること(中古資産は対象外です。)
2.生産性向上に資するものの指標(生産効率、エネルギー効率、精度など)が旧モデルと比較して年平均1%以上向上しているもの

対象設備
設備の種類 最低取得価格 販売開始時期
機械及び装置 160万円以上 10年以内
工具(測定工具・検査工具) 30万円以上 5年以内
器具及び備品 30万円以上 6年以内
建物附属設備※ 60万円以上 14年以内

※償却資産として課税されるものに限ります。

提出書類について

提出時期

固定資産税(償却資産)のご申告の際に、次の書類をあわせてご提出ください。

提出書類

  • 固定資産税の課税標準の特例に係る届出書
  • 工業会等による先端設備等に係る生産性向上要件証明書(写し)
  • 本市から認定を受けた先端設備等導入計画(写し)
  • 本市から発行された認定書(写し)

リース会社が中小事業者等から依頼を受けて申告する場合は、以下の2点の提出も必要となります。

  • リース契約見積書(写し)
  • リース事業協会が確認した軽減額計算書(写し)

関連リンク

  • 生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画の認定について
  • 償却資産申告書(申告様式)のダウンロード
  • お問い合わせ

    財務部課税課償却資産係

    電話番号:042-523‐2111(内線1228)

    ファックス:042-523-2137

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

    ※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
    ※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
    ※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。