ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 麻しん(はしか)に注意してください

ここから本文です。

更新日:2018年5月21日

麻しん(はしか)に注意してください

平成30年3月、沖縄県内を旅行したお客さんが麻しんと診断されたと報告がありました。以降、沖縄県内での二次感染例を中心として、麻しん患者の発生が続いています。

麻しんは感染力が非常に強く、空気感染、飛沫感染などにより感染します。流行地域などで麻しん患者と接触した可能性があり、発熱、風邪症状等、麻しんを疑う症状が出た場合は、受診前に医療機関へ連絡し、指示に従ってください。

麻しん(はしか)とは

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性熱性発疹性疾患です。感染すると、10日から12日間での潜伏期間を経て発症します。

症状としては、38度前後の発熱や咳、鼻水、結膜充血など風邪のような症状が2日から4日続きます。

感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへと感染します。感染力が非常に強いと言われており、麻しんの免疫を持っていない人が感染すると、ほぼ100%発症します。また、肺炎や脳炎などの合併症を引き起こすこともあります。

治療

特別な治療法はなく対症療法が中心となります。

予防方法

これまで予防接種を受けていない方や、1回しか接種を受けていない方は、麻しん風しん混合ワクチンの接種をご検討ください。まずは、母子健康手帳を確認し、ご自身の予防接種歴を確認しましょう。
妊娠中は予防接種をできないため、麻しんの流行場所への外出を極力避け、また人ごみに近づかないなどの注意をしましょう。これから妊娠を計画されている方や妊婦の周囲の方(とくに28歳以上の男女)は、積極的に接種を受けられるようにしてください(女性は接種後2か月間の避妊が必要です)。

麻しんにかかったかなと思ったら

症状から麻しんの疑いがある場合、事前に医療機関に連絡のうえ受診いただきますようよろしくお願いします。

なお、受診の際は、周囲の方へ感染させないよう公共交通機関等の利用を避けてください。

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課母子保健係

電話番号:042-527-3234

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。