ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 基地関連 > 横田基地 > 横田基地に関する情報 > 平成30年度 > 横田基地における人員降下訓練の実施について(平成31年1月11日掲載)

更新日:2019年1月11日

横田基地における人員降下訓練の実施について(平成31年1月11日掲載)

標題の件について、防衛省北関東防衛局より情報提供がありましたので、お知らせいたします。

1.北関東防衛局からの情報提供

情報提供内容(1月11日付け)

日程

  • 平成31年1月14日(月曜日)~同月17日(木曜日)
  • 通常の運用時間帯(0600-2200)の範囲で実施予定

 内容

  •  横田基地所属C-130J輸送機により実施
  • 延べ降下人数:150~200名程度

 その他

  • 訓練の予定については、諸事情により変更される場合がある。

 北関東防衛局における対応

 北関東防衛局から米軍に対し、今週行われた訓練において、二日連続でパラシュートが機能しない事態が発生していることから、日米合同委員会合意の遵守に努め、周辺住民に与える影響を最小限にとどめ、安全対策を徹底し、さらなる公共の安全に配慮するよう申し入れた。 

2.横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会による口頭要請

要請日

平成31年1月11日(金曜日)

要請先

在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官、北関東防衛局長、横田防衛事務所長

要請者

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会(会長:東京都知事、副会長:福生市長)

口頭要請内容

  本日、北関東防衛局より、横田基地において平成31年1月8日及び9日に連続して発生したパラシュート落下事故について、原因はパラシュートの機能不全であったとし、同型のパラシュートを一時使用停止とした上で、綿密な調査を行うとともに、再使用時までにはパラシュート整備士の再訓練を行う旨の情報提供があった。さらに、今回使用したパラシュートとは異なる型のパラシュートを使用して、1月14日から人員降下訓練を再開するとの情報提供もあった。

 昨年4月以降、同様のパラシュート落下事故が相次いで発生しているにも関わらず、異なる型のパラシュートを使用するとはいえ、事故の原因究明が十分になされないまま事故発生後数日で訓練を再開することは、周辺住民の不安をより増大させるものであり、極めて遺憾である。

 また、当協議会ではこれまでも、国民の祝日には航空機の飛行等を行わないよう求めているが、訓練が再開される1月14日は「成人の日」であり、基地周辺自治体の多くでは成人式が予定されている。

 ついては、下記の通り、改めて要請する。(※)

1 今回の落下事故について、調査委員会における徹底的な原因究明を行い、関係自治体に速やかに情報提供を行うこと。

2 事故原因が明らかになるまでは、同型のパラシュートを使用しないこと。

3 成人の日(平成31年1月14日)には、人員降下訓練を実施しないこと。

4 訓練の再開に当たっては、徹底した安全対策を講じ、横田基地周辺地域へ影響を及ぼさないこと。

※国に対しては、「ついては、以下のことについて対応するよう、米軍への申し入れを強く要請する。」と要請

お問い合わせ

総合政策部企画政策課

電話番号:042-528-4302

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。