ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 基地関連 > 立川飛行場 > 立川飛行場に関する情報 > 防災航空祭の実施について(令和元年10月25日掲載)

更新日:2019年10月25日

防災航空祭の実施について(令和元年10月25日掲載)

陸上自衛隊立川駐屯地より下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。

1.日時

  • 防災航空祭:令和元年11月9日(土曜日)午前9時~午後3時
  • 事前訓練(予行含む。):令和元年10月29日(火曜日)~11月8日(金曜日) ※11月2日(土曜日)~4日(月曜日)を除く。

2.場所

  • 陸上自衛隊立川駐屯地及び周辺空域

3.主要実施内容

編隊飛行

使用航空機:自衛隊、東京消防庁航空隊及び警視庁航空隊所属機 最大17機

時間:午前9時45分頃から午前11時頃まで

場所:立川飛行場及び周辺空域

  • 主計画(天候が良好な場合):立川飛行場~南東方向(横浜市方向)~立川飛行場
  • 予備計画A:立川飛行場~北東方向(さいたま市方向)~立川飛行場
  • 予備計画B:立川飛行場~飛行場東側~立川飛行場

要領:記念式典前に飛行場を離陸し、待機空域(飛行場南東、北東又は東)で待機して記念式典時に飛行場上空を通過し、飛行場に着陸

空挺降下展示

使用航空機:自衛隊UH-1×1機

時間:午前9時45分頃から午前11時頃まで

場所:立川飛行場及び周辺空域

要領:記念式典前に飛行場を離陸し、待機空域(飛行場南)で待機して記念式典時に飛行場上空で空挺隊員3名を降下。編隊飛行参加機に合流して飛行場に着陸 ※地上風測定・標示のため、バルーンの放球及び発煙筒を使用します。

災害救助行動展示

使用航空機:自衛隊7機、東京消防庁航空隊3機及び警視庁航空隊1機

時間:午前11時5分頃から午前11時25分頃まで

場所:立川飛行場内

要領:

  • 編隊飛行、空挺降下展示及び音楽演奏に続き実施
  • 災害発生後の偵察~避難誘導~救助~空中消火の順で実施

※災害現場を模擬するため発煙筒を使用し、発煙の際に大きな音が鳴ります。また、演出用に音楽の放送及びナレーションを行います。

CH地上滑走

使用航空機:自衛隊2機

時間:午後0時15分頃から午後2時15分頃まで

場所:立川飛行場内

要領:来場者のうち搭乗整理券保有者に対し、CH-47の地上滑走体験を飛行場内で実施

天候不良時の処置

天候等により展示項目の入替、一部中止及び時間を変更する場合があります。

4.事前訓練

編隊飛行、空挺降下展示及び災害救助行動展示

期日:令和元年10月29日(火曜日)~11月8日(金曜日) ※11月2日(土曜日)~4日(月曜日)を除く。

時間:

  • 午前8時15分~午後0時及び午後1時~午後5時の間
  • 1日あたり最大2回、1回あたり2時間程度

CH地上滑走

事前訓練の予定はありません。

5.問い合わせ先

立川駐屯地広報室 電話042-524-9321(内線260~262)

 

 

お問い合わせ

総合政策部企画政策課 

電話番号:042-528-4302

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。