ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 基地関連 > 立川飛行場 > 立川飛行場に関する情報 > 立川飛行場における航空隊年始編隊飛行訓練について(令和元年12月19日掲載)

更新日:2019年12月19日

立川飛行場における航空隊年始編隊飛行訓練について(令和元年12月19日掲載)

陸上自衛隊立川駐屯地より下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。

なお、本件について、立川飛行場周辺自治体連絡会(昭島市、小平市、日野市、国分寺市、国立市、東大和市、武蔵村山市及び立川市で構成)は、12月18日付けで、航空機騒音の軽減に努めるとともに安全対策の徹底を図ること及び必要最小限の機数での訓練を実施することを口頭にて要請しました。

日時

令和2年1月7日(火曜日)午後1時10分~午後3時45分頃(予備日なし)

場所

陸上自衛隊立川駐屯地及び周辺空域

主要実施内容

編隊飛行訓練

東部方面航空隊所属機9機による編隊飛行訓練を行います。

1.時間:午後2時15分~午後3時40分頃

2.場所:

  • 主経路:立川~平塚~三浦半島~横浜~立川
  • 予備経路:立川~朝霞~常総~小山~大宮~立川

3.要領:

  • 東部方面航空隊所属機9機により立川飛行場を離陸し、南方向(予備経路:北方向)の経路を飛行して立川飛行場に着陸します。この際、木更津飛行場からの参加機7機は、午前中に立川飛行場に移動、午後から訓練に参加して立川飛行場に着陸することなく、経路の途中から木更津飛行場に帰投します。また、本編隊飛行訓練の東部方面総監等による訓練視察を受けるため、別途3機が9機編隊に立川飛行場付近で合流し、視察終了後、朝霞駐屯地を経由して立川飛行場に着陸します。

取材協力

本訓練の状況を、報道機関に公開します。

1.時間:午後2時15分~午後3時40分頃

2.場所及び飛行経路:

  • 場所:運航事務所周辺
  • 飛行経路:編隊飛行訓練参加機に同じ。

3.要領:

  • 編隊飛行訓練参加機の立川飛行場離陸の状況の取材を受けます。また、一部の報道関係者を東部方面航空隊所属機1機に搭乗してもらい、上空での訓練状況の取材を受けます。

事前訓練

本訓練実施に伴う事前訓練の予定はありません。

問い合わせ先

立川駐屯地広報室広報室長

電話:042-524-9321(内線260~262)

お問い合わせ

総合政策部企画政策課 

電話番号:042-528-4302

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。