ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 基地関連 > 横田基地 > 横田基地に関する情報 > 平成30年度 > C-130輸送機による人員降下訓練におけるパラシュートの落下について(平成31年1月9日から掲載)

更新日:2019年1月11日

C-130輸送機による人員降下訓練におけるパラシュートの落下について(平成31年1月9日から掲載)

標題の件について、防衛省北関東防衛局より情報提供がありましたので、お知らせいたします。

また、横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会は、口頭要請を行いましたので、お知らせいたします。

1.北関東防衛局からの情報提供

情報提供内容(1月11日付け)

今月8日(火曜日)及び9日(水曜日)の人員降下訓練中に発生した事案について、横田基地広報部から以下の情報がありましたので、お知らせさせて頂きます。

  • 第374空輸航空団は、今週実施された人員降下訓練にて使用されたパラシュートを一時使用停止する事を決定しました。
  • 我々の専門チームが本件に関する綿密な調査を行い、横田基地において同種のパラシュートの使用を開始する前に、リガー(パラシュートの整備士)の再訓練を行う予定です。
  • 一方で、来週には、別の部隊により、違う型のパラシュートを使用した人員降下訓練を再開する予定です。
  • 安全は我々の最優先事項であり、来週に訓練を実施する部隊は熟練しており、訓練の用意が整っていると確信しています。
  • 我々は、これまで起きた全ての件を深刻に受け止めております。
  • 本件は、パラシュートが機能しなかったことによるものであり、パラシュート兵はこのような事態における方針と規則を守り事態に対応しました。
  • それにより、パラシュート兵自身と我々を取り巻く人々の安全を保証しました。
  • 我々は全米軍が熟練度を向上かつ維持し、ミスが発生する可能性を最小限にできるよう、継続的および繰り返しの人員降下訓練を行っております。
  • 我々は、我々のチームが今後この訓練を実施するにあたって、出来る限り安全で効果的に行っていけると確信しています。

情報提供内容(1月9日付け)

  • 本日(1月9日)午前9時頃、横田基地において通常訓練を行っていた米軍のパラシュート兵が、メインパラシュートが機能しなかったため、当該パラシュートを切り離し、予備パラシュートを展開した。予備パラシュートが畳みこまれていたナイロン生地のデプロイメントバッグ(予備パラシュートが展開するとともに離れるようにデザインされている)は風にさらわれた。
  • 現在、横田基地のチームが当該デプロイメントバッグを捜索している。
  • 本件による怪我人は無く、切り離されたメインパラシュートは横田基地内に落下した。
  • 当該パラシュート兵は、自身と地上にいる他の人員の安全のために規則に則り安全手順を踏んだ。原因究明と今後の是正措置を保証するための調査委員会が招集された。
  • 本件以降に予定されていた同種のパラシュートを使用した降下訓練は、調査委員会が原因を特定し、基地のリーダーシップが高高度降下訓練を再開しても問題ないと判断するまで停止となった。
  • 当局から、米軍に対して、2日連続で同種の事案が発生していることについては、誠に遺憾であると感じており、同訓練の実施に当たっては更なる公共の安全に配慮するよう申し入れております。

情報提供内容(1月8日付け)

  • 本日(1月8日)午前10時頃、横田基地において米軍のパラシュート兵が通常訓練を行っている最中に1名のメインパラシュートが機能しなかったため、当該パラシュートを切り離し、予備パラシュートで着地しました。
  • 本件による怪我人は無く、当該パラシュートは横田基地内に着地しました。
  • 当該パラシュート兵は、規則に則り、安全手順を踏み、自身及び地上の人員の安全を図りました。
  • 当局から米軍に対して、訓練実施に当たっては、原因究明、再発防止及び安全管理を徹底し、周辺住民に不安を与えることがないよう万全を期すことを申し入れております。

2.横田基地周辺市町基地対策連絡会による要請

要請日

平成31年1月10日(木曜日)

要請先

在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官、北関東防衛局長、横田防衛事務所長

要請内容

要請の内容は、関連ファイルをご覧ください。

関連ファイル

3.横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会による口頭要請

要請日

平成31年1月9日(水曜日)

要請先

在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官、北関東防衛局長、横田防衛事務所長

要請者

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会(会長:東京都知事、副会長:福生市長)

口頭要請内容

平成31年1月9日、昨日に続き、横田基地において人員降下訓練中に切り離したメインパラシュートが基地内に落下する事故が、再び発生した。なお、デプロイメントバッグ(※1)が未だ発見されておらず、基地外への落下の可能性も否定できない。

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会では、本日1月9日午前にも、昨日の事故発生に対し、「今回の事故の徹底的な原因究明を行うこと、再発防止策を講ずるまでは、同様の訓練は行わないこと」を求めたところである。

にもかかわらず、事故原因の究明及び再発防止策について何ら説明がないまま訓練が実施され、再度同様の事故が起きたことは周辺住民の不安を増大させるものであり、極めて遺憾である。

ついては、以下のことを強く要請する。(※2)

  • 度重なる事故について徹底的な原因究明を行うとともに、再発防止策が講じられるまで同様の訓練を実施しないこと。
  • 事故原因及び再発防止策に関する情報を関係自治体に速やかに提供すること。

※1予備のパラシュートを収納するナイロン生地のバッグ

※2国に対しては、「ついては、以下のことについて対応するよう、米軍への申し入れを強く要請する。」と要請

4.横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会による口頭要請

要請日

平成31年1月9日(水曜日)

要請先

在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官、北関東防衛局長、横田防衛事務所長

要請者

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会(会長:東京都知事、副会長:福生市長)

口頭要請内容

平成31年1月8日、横田基地所属のC-130輸送機による人員降下訓練中に、メインパラシュートが機能せず、予備パラシュートで着地した際、切り離したメインパラシュートが基地内に落下する事故が発生した。

幸いにも今回は基地内への落下であったが、横田基地では、昨年4月にも、人員降下訓練中にメインパラシュートの不具合により切り離されたパラシュートが近隣の中学校に落下するという同様の事故が発生している。

また昨年12月には、横田基地所属の同型機による東富士演習場での物料投下訓練中に、パラシュートが演習場の施設区域外に落下する事故が発生した。

これまでも再三にわたり再発防止や安全対策の徹底等を要請してきたにも関わらず、パラシュート訓練に起因する事故が短期間のうちに再び起きたことは遺憾である。パラシュートの落下は、一歩間違えれば基地外へ影響を及ぼし、人命に係る重大な事故につながりかねず、多くの住民に不安を与えるものである。

このため、次のとおり要請する。(※)

  • 昨年4月の事故発生時にすべてのパラシュートの点検を行ったにもかかわらず、同様の事故が起きたことから、徹底的な原因究明を行うこと。
  • 再発防止策を講ずるまでは、同様の訓練は行わないこと。
  • 以上に関する情報を関係自治体に速やかに提供すること。

※国に対しては、「ついては、次のとおり貴職からの米軍への申し入れを行うよう要請する。」と要請

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部企画政策課 

電話番号:042-528-4302

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。