ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 基地関連 > 横田基地 > 横田基地に関する情報 > 平成31(令和元)年度 > 令和2年降下訓練始め行事における日米空挺降下について(令和元年11月21日掲載)

更新日:2019年11月21日

令和2年降下訓練始め行事における日米空挺降下について(令和元年11月21日掲載)

防衛省(北関東防衛局)より、下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。

北関東防衛局からの情報提供(11月15日付け)

1.降下訓練始め行事の趣旨

本行事は、1年間の降下安全を祈願するとともに、各種展示等を通じて、第1空挺団に対する理解を得るため、毎年行っているものです。また、本年も本行事に対して祝賀の意を表する米軍が降下展示を行うことにより、自衛隊と米軍の活動について御理解を深めていただきたいと考えます。

2.期日

令和2年1月12日(日曜日)(総合予行10日(金曜日))

3.場所

習志野駐屯地及び同演習場

4.編成

  1. 実行委員長:第1空挺団長 陸将補 戒田重雄
  2. 実施部隊:第1空挺団
  3. 支援部隊:
  • 陸上自衛隊:東北方面隊、東部方面隊、富士学校、高射学校、施設学校、武器学校、水陸機動団、第1ヘリコプター団、富士教導団、中央即応連隊、中央特殊武器防護隊等
  • 海上自衛隊:教育航空集団
  • 航空自衛隊:航空総隊(第1高射隊)、航空支援集団
  • 米陸軍:在日米陸軍約30名、第25師団第4歩兵旅団戦闘団(米国アラスカ州)約20名、第18空挺軍団第82空挺師団(米国ノース・カロライナ州)約30名
  • 米空軍:第5空軍第374空輸航空団

5.実施の概要

  1. 降下展示:米陸軍及び米空軍(C-130J)が参加する日米空挺降下の展示
  2. 地上展示:島嶼防衛を想定し一連の流れをシナリオ型にて展示

横田基地周辺市町基地対策連絡会による口頭要請

横田基地周辺市町基地対策連絡会(幹事:昭島市)は、11月21日付けで、北関東防衛局長に対し、次のとおり口頭にて要請いたしました。

令和2年1月12日(日曜日)に習志野演習場等において実施される令和2年降下訓練始め行事における日米空挺降下の展示に、横田基地所属の米軍機が参加するとの情報提供がありました。ついては、次の事項について、行事に関わる自衛隊に周知するとともに、米軍横田基地に申し入れるよう要請します。

  • 騒音が大幅に増加することがないよう周辺住民に十分配慮すること。
  • 市街地上空での低空・旋回飛行訓練は行わないこと。
  • 基地外に影響を及ぼさないよう、安全対策に努めること。

お問い合わせ

総合政策部企画政策課 

電話番号:042-528-4302

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。