ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 広報 > シティプロモーション > 立川市の「ブランドメッセージ」 > ブランドメッセージ制作ワークショップ > 第1回ブランドメッセージ制作ワークショップが開催されました

更新日:2020年10月21日

第1回ブランドメッセージ制作ワークショップが開催されました

第1回ワークショップの模様

令和2年9月19日(土曜日)13時より、立川市役所会議室にて第1回「立川市ブランドメッセージ制作ワークショップ」を開催しました。

ワークショップの開催にあたり、新型コロナウイルス感染症対策のため、アクリル板を各テーブルに設置し、入場時の検温、消毒、マスク着用の上、フェイスシールドを準備し、作業の過程でいつでも使用してもらえるようにしました。

準備

立川市のシティプロモーションは、「地域参画総量の増加」を目的として進めています。

ここでいう「地域参画総量」は、「立川をお勧めしたいという思い、地域活動に参加したいという思い、まちをよりよくしようとする働きに感謝する思い、市外で立川をお勧めしたいという思い」の4つの意欲の増加のことを指します。

立川をお勧めする人、立川に愛着を持つ人、立川のために力を出したいという人が増えていくことで立川の底力が上がってまちがいきいきと輝いていく…。そんな好循環を目指す取り組みがシティプロモーションです。このシティプロモーションを進めていくために、情報発信に加え、市の魅力を表現する「立川らしいライフスタイル(ブランド)」を取り決め、まちに関わりたいという意欲を盛りたてていくために立川市で初めてのブランドメッセージ等制作ワークショップを開催することになりました。

このワークショップでは、市民公募の方が4名、市内の関係団体や企業・大学等からご推薦いただいた方が5名、庁内公募職員有志5名により構成されています。当日は、属性の異なる4~5名ずつが、3つのグループに分かれ開催されました。

はじめに、事務局である立川市総合政策部広報課長の挨拶よりスタート。

次に、このワークショップを通して、ブランドメッセージ等コンテンツ制作にお力添えをいただく株式会社けやき出版・小崎奈央子社長よりご挨拶をいただきました。

そして、グループワークに入る前に、アドバイザーとして本ワークショップを監修していただく東海大学文化社会学部広報メディア学科の河井孝仁教授により、ブランドメッセージについての意義、グループワークの説明をしていただきました。

立川だけにしかない差別的優位性を持ったライフスタイルを示すブランドメッセージは、「どんな未来を共に作ろうとするのか」、「どんな人が共感できるまちなのか」、「“どうなっているのか”ではなく“どうなりたいのか”」というまちをつくるための指針であるということについて等を話していただきました。

20200919河合孝仁教授

河井教授による講義が終了し、いよいよグループワークがスタート。参加者の皆さんには、「ヒト」「モノ」「コト」「トコロ」「シゴト」「ワザ」「カコ」「ミライ」「クウキ」という9つの種別から計20個の立川市の魅力を付箋に書く宿題が事前に出されていました。各グループ、参加者一人ひとりが付箋に書いた言葉を、種別ごとに分け、ホワイトボード上の模造紙に貼り出していきます。同じ意見が複数あった場合は、付箋を重ねて貼っていきます。初めて顔合わせをした参加者の皆さん同士、それぞれのグループで付箋を貼っていく中で交流を深めていきました。立川市として描く将来像として、「にぎわいとやすらぎの交流都市」より、「ミライ」の種別に「にぎわい」、「やすらぎ」、「交流」の付箋を各グループのホワイトボードに加えました。

9つの種別それぞれにすべての付箋を貼り終えたグループは、模造紙に敷き詰められたキーワードをもとに、立川だからこそ幸せになれる人をペルソナ(具体的な人物設定)として、3人設定していきます。ペルソナ設定のルールは、「名前」「性別」「年齢」「仕事」「世帯年収」「居住地(地域内及び地域外をいずれか1名は含める)」「出身地」「家族構成」「趣味」「大事にしていること」「悩み、または課題」「どのような希望・野望か」をA4用紙1枚に似顔絵とともに具体的に記述するというものです。各グループともそれぞれのペルソナの具体的な悩みや家族構成、名字にも立川らしさ(立川市に多い名字)を意識するなど、より具体的な人物像についての議論を重ねながら、ペルソナのイメージを設定していきました。

A班のペルソナ B班のペルソナ C班のペルソナ

第1回ワークショップは、参加者全員でお疲れ様の拍手をして互いにねぎらい、16時に終了しました。3時間のワークショップでしたが、皆さん休憩の時間も惜しんで議論をしていました。

第2回ブランドメッセージ等ワークショップは、10月31日(土曜日)を予定しています。ここで、各グループで設定した「魅力」と「ペルソナ」について物語が作られ、第3回、第4回のワークショップを経てブランドメッセージが生み出されていきます。

次回ワークショップ日程(予定)

  • 令和2年10月31日(土曜日)午後1時から

お問い合わせ

総合政策部広報課シティプロモーション推進係

電話番号:042-528-4304

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。