ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 認知症に関する支援 > 認知症の方の権利を守ります > 日常生活自立支援事業

ここから本文です。

更新日:2017年11月29日

日常生活自立支援事業

福祉サービスを利用したいけれど、手続きの方法がわからない。金融機関に行ってお金をおろしたいけれど一人では不安。通帳や大切な書類の置き場所を忘れてしまう。

このように毎日の生活には不安や困りごと、判断に迷ってしまうことなどが多くあります。

日常生活自立支援事業はこのような場合に、福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理のお手伝いをし、住み慣れた地域で安心した生活が送れるように援助します。

対象となる方

市内で生活されている認知症(物忘れのある)高齢者や知的障害、精神障害のある方などで自己選択や自己決定に課題のあるかた。

利用料はいくらかかるの?

相談や支援計画の作成などは無料です。利用契約締結後の生活支援員による援助については有料になります。

 

問合せ:日常生活自立支援事業(外部サイトへリンク))(電話:042-529-8319、FAX042-529-8714)

お問い合わせ

福祉保健部高齢福祉課在宅支援係

電話番号:042-528-4321

ファックス:042-522-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。