ここから本文です。

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 各種手当・助成 > たちかわ子育て応援金(物価高騰対策)を支給します

更新日:2023年2月2日

たちかわ子育て応援金(物価高騰対策)を支給します

【支給日のお知らせ】支給は「申請書が市へ届いた月の翌月末まで」に行います。
1月末までに申請書が届いた方への支給日は、次の2回です。
  • 2月14日(火曜日)
  • 2月28日(火曜日)
支給日が決定した方には支給決定通知書を郵送しますので、すでに申請をされた方におかれましては、恐れ入りますがお待ちくださいますよう、お願いいたします。

 

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、燃料や食料品等の物価高騰が続いています。家計負担が大きくなることで、子どもたちの健やかな成長に影響を受ける子育て世帯の皆様へ、「たちかわ子育て応援金(物価高騰対策)」(以下、「応援金」とします。)を支給します。

なお、この応援金は立川市独自の施策であり、支給対象となる方の所得による制限はありません。

 

支給対象となる方と申請方法等については、次の流れでご確認ください。

  1. 「支給対象者(申請者)とその区分」にて、該当する支給対象者区分をご確認ください。
  2. 次に「申請方法等」にて、申請方法その他の必要事項をご確認ください。(申請不要な方もいます。)

支給対象者(申請者)とその区分

支給対象となる方(支給対象者)は、18歳以下(令和4年度末時点)の児童を養育する方(養育者)で、次の各要件に該当する方です。

養育者(注1)の要件 対象児童の要件 支給対象者区分

令和4年12月1日時点で、

立川市に住民登録がある

平成16年4月2日から令和4年11月30日までの間に出生

  • 日本国内であれば、立川市以外に住民登録がある場合も対象です。

A

申請日時点で、

立川市に住民登録がある

令和4年12月1日から令和5年3月31日までの間に出生

  • 日本国内であれば、立川市以外に住民登録がある場合も対象です。

B

(注1)養育者とは、対象児童の父母、未成年後見人、父母指定者等をいいます。

(注2)どちらの支給対象者区分にも該当する場合があります。

(注3)次のいずれかに該当する方は、お問い合わせください。

  1. 令和4年12月1日時点で、平成16年4月2日から令和4年11月30日までの間に生まれた児童の住民登録が立川市にあり、同日時点で養育者の住民登録が立川市以外にある場合。
  2. DV避難等により立川市に住民登録はないが、立川市に居住している場合。
  3. その他、支給対象となるか不明な場合。

申請方法等

申請の要否や方法等は、下表のとおりです。

なお、いずれの支給対象者区分にも該当する方は、下表中の申請区分のうち、該当するものをそれぞれご確認ください

支給対象者区分Aの方

令和4年12月1日時点で立川市に住民登録がある方で、平成16年4月2日から令和4年11月30日までの間に出生した児童を養育する方は、児童手当の受給状況等によって申請の要否や方法等が異なります。下表中の申請区分で該当する箇所をご確認ください。

申請区分 該当する方 申請 申請方法・支給時期等
1 令和4年12月分児童手当を立川市から受給する方 不要

(1)支給のお知らせは、令和4年12月26日(月曜日)に発送します。

(2)支給時期は、令和5年1月12日(木曜日)です。

(3)応援金の振込先口座は、児童手当の受給口座です。

(4)養育する児童の中に、児童手当の対象とならない高校生相当年齢の児童がいる場合でも、申請は不要です。

2

上記1の方を除き、令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金を立川市から受給した方

(または受給が決定した方)

不要

(1)支給のお知らせは、令和4年12月26日(月曜日)に発送します。

(2)支給時期は、令和5年1月12日(木曜日)です。

(3)応援金の振込先口座は、令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金の受給口座です。

3 上記1と2のいずれにも該当しない方 必要

(1)次のとおり申請をしてください。
ア)対象児童が立川市に住民登録がある場合は、市から送られてくる申請書をご提出ください。

  • 申請書は、令和5年1月10日(火曜日)に発送します。

イ)対象児童が立川市以外に住民登録がある場合は、申請書をダウンロードし、その児童の住民票と併せてご提出ください。(この場合、市から申請書はお送りできません。)

(2)支給時期は、別途お知らせします。

申請期限

令和5年3月15日(水曜日)

申請書の提出先

〒190-8666東京都立川市泉町1156-9

立川市役所子育て推進課(持参の場合は市役所1階21番窓口)

支給対象者区分Bの方

申請日時点で立川市に住民登録がある方で、令和4年12月1日から令和5年3月31日までの間に出生した児童を養育する方は、次のとおり申請をしてください。

申請区分 申請 申請方法・支給時期等
4 必要

(1)申請書をダウンロードし、市へご提出ください。

(2)対象児童が立川市以外に住民登録がある場合は、その児童の住民票と併せてご提出ください。

(3)支給時期は、別途お知らせします。

申請期限

令和5年4月28日(金曜日)

申請書の提出先

〒190-8666東京都立川市泉町1156-9

立川市役所子育て推進課(持参の場合は市役所1階21番窓口)

支給額

対象児童一人につき、10,000円

(注)支給は、同一児童につき1回限りです。

その他

申請が不要な方へ

応援金の受給を拒否する場合

申請が不要の方で、受給を拒否したい場合は、届け出が必要です。

この場合、受給拒否の届出書を郵送または持参で、下記の期日までにご提出ください。

送付先は、次のとおりです。

  • 〒190-8666東京都立川市泉町1156-9
  • 立川市役所子育て推進課(持参の場合は市役所1階21番窓口)

応援金の受給口座を変更したい場合

申請が不要な方で、応援金の受給口座を変更したい場合は、届け出が必要です。

この場合、口座変更の届出書を郵送または持参で、下記の期日までにご提出ください。

  • 令和5年1月6日(金曜日)必着
  • 口座変更の届出書(PDF:140KB)
  • 届出書には、変更後の口座情報がわかるものの写し本人確認書類の写しを添付してください。

送付先は、次のとおりです。

  • 〒190-8666東京都立川市泉町1156-9
  • 立川市役所子育て推進課(持参の場合は市役所1階21番窓口)

児童が養護施設等へ入所中の場合

入所中の児童養護施設等に支給します。

詳細は、お問い合わせください。

応援金の税法上の取り扱い

この応援金は、所得税法上、一時所得に該当します。

ただし、一時所得の計算上、最大で50万円の特別控除額を差し引くこととされていますので、この応援金以外に一時所得が無い場合には課税の対象となりません。詳しくは、最寄りの税務署までお問合せください。

振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください

この応援金に関して、ご自宅等に立川市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作や支給のための手数料等の振り込みをお願いすること、キャッシュカードの暗証番号等をお伺いすることは絶対にありません。

もし、不審な電話がかかってきた場合は、すぐに立川市役所子育て推進課または最寄りの警察にご連絡ください。

よくあるお問い合わせ(Q&A)

こちらのファイル(PDF:170KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども家庭部子育て推進課手当・医療費給付係

電話番号:042-523-2111 内線1351

ファックス:042-528-4356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。