立川市

  • 文字サイズ・色合い変更
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 教育委員会 > 学校教育 > 学校施設 > 外壁に含有しているアスベストについて

ここから本文です。

更新日:2020年1月16日

外壁に含有しているアスベストについて

南砂小学校の校舎と第五小学校の体育館、第一中学校の校舎、第二中学校の体育館の外壁に基準値以上のアスベストが含有していた件につきまして、ご報告します。

平成29年度に大規模改修工事を予定していた南砂小学校の校舎と第五小学校の体育館、また中規模改修工事を予定していた第一中学校の校舎と第二中学校の体育館について、設計の中で調査を実施したところ、外壁にアスベストが含有していることが判明しました。

現状の外壁に含有しているアスベストの安全性

校舎や体育館の外壁に含有しているアスベストは、外壁の改修工事等を実施しなければ児童等への健康被害のおそれはなく安全です。アスベスト関連の団体にヒアリングを行ったところ、今回のアスベスト含有建材は塗材に練りこまれているため、飛散の可能性は限りなく低いとの回答をいただいております。

多くの建物が崩壊した熊本地震でも、大気中の濃度は0.17本/L(環境省調査、アスベスト繊維本数)が最大でした。大気汚染防止法ではアスベスト製品工場の敷地境界線で10本/L以下であることを求めておりますので、崩壊、アスベスト製造もしていない学校は一般市街地同様に安全であると考えられます。

今後の対応

外壁に含有しているアスベストの処理方針については、国土交通省、環境省で策定中です。市は、国の処理方針が出されるまでは、外壁にアスベストが含有している校舎や体育館の大規模改修工事を延期します。

現在、市は「立川市公共施設保全計画」で平成35年度までに大規模改修工事や中規模改修工事を実施予定の市内の市立小中学校について、外壁のアスベスト調査を実施しております。今後、その調査結果を踏まえ、改修年度や内容等を検討していきます。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部教育総務課主査(学校施設保全)

電話番号:042-522-6996

ファックス:042-528-1204

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。