ここから本文です。

ホーム > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピック > イベント・展示 > ジャパン近代3種シリーズ2018第7戦立川大会の開催報告

更新日:2018年10月23日

ジャパン近代3種シリーズ2018第7戦立川大会の開催報告

開催報告

平成30年10月14日に立川公園陸上競技場と柴崎市民体育館で、ジャパン近代3種シリーズ2018第7戦立川大会を開催しました。近代3種とは、近代5種競技からフェンシングと馬術競技を除いた水泳、ランニング、射撃の3種目を1日で行う競技で、近代5種競技の登竜門に位置付けられています。

立川大会には多くの市内小学生、中学生が参加しただけでなく、都内や他県からも参加者が集まり、抜きつ抜かれつの熱戦が繰り広げられました。

 

近代3種立川大会(ラン)

近代3種立川大会(射撃2)

近代3種立川大会(水泳)

 

リオデジャネイロオリンピック出場の朝長なつ美選手(立川市民)が大会ゲストとして来場し、入賞者へのメダルや市長賞の授与、記念撮影など大会を盛り上げました。

近代3種立川大会(朝長選手)

近代3種立川大会(市長賞)

 

シリーズ戦の上位者が出場する第6回近代3種日本選手権大会兼第13回JOCジュニアオリンピックカップは、11月24日(土曜日)に立川大会と同じく立川公園陸上競技場と柴崎市民体育館プールにて開催されます。

大会の様子は、大会終了後に立川市ホームページにてお知らせいたします。

お問い合わせ

産業文化スポーツ部オリンピック・パラリンピック準備室 

電話番号:042-523-2111

ファックス:042-527-8074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。