ここから本文です。

ホーム > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピック > 事前キャンプ > ベラルーシ新体操チーム > ベラルーシ新体操チームによる2019年事前キャンプ決定までの経過について

ベラルーシ新体操チームによる2019年事前キャンプ決定までの経過について

ベラルーシ新体操チームによる事前キャンプ

市では東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた参加国の事前キャンプについて、誘致活動を行ってきましたが、この度、ベラルーシ新体操チームによる事前キャンプが決定しました。

なお、本キャンプは、ベラルーシの新体操チームが宮城県白石市と仙台大学(柴田町)で行う事前合宿の終了後、東京に移動してから練習を行うもので、白石市・柴田町・仙台大学東京オリ・パラ事前合宿招致推進協議会の協力を得て、決定となりました。

ベラルーシ新体操チーム

ベラルーシは、東ヨーロッパに位置し、東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西はリトアニア、ラトビアに国境を接する内陸国で面積は日本の約半分。首都はミンスクで、国土の大部分が低地で多くの湖と大きな森があり、人口は約950万人です。

ベラルーシ新体操チームは、2016年リオオリンピックにおいて団体が5位、個人総合(カチェリーナ・ガルキナ選手)は6位を獲得している強豪チームです。なお、カチェリーナ・ガルキナ選手は2017年イオンカップ世界新体操クラブ選手権で個人総合3位、2018年ヨーロッパ選手権で個人総合3位を獲得、2020年東京オリンピックでの活躍が期待される注目選手です。

(イオンカップ世界新体操クラブ選手権は、世界選手権やヨーロッパ選手権と並ぶ世界三大大会のひとつ。)

事前キャンプの概要

(1)日程

平成31(2019)年度】

  • 7月24日(水曜日)来日
  • 7月25日(木曜日)~30日(火曜日)白石市・仙台大学(柴田町)にて事前キャンプ
  • 7月31日(水曜日)~8月1日(木曜日)立川市にて事前キャンプ
  • 8月2日(金曜日)立川市から移動し都内に滞在
  • 8月3日(土曜日)帰国

【令和2(2020)年度】

 宮城県白石市と仙台大学(柴田町)で行う事前合宿の終了後、東京2020大会における新体操競技日程の直前に合宿を予定していましたが、大会延期の影響により、事前キャンプの実施が延期となりました。

 【令和3(2021)年度の予定】

新型コロナウイルス感染症の影響により、移動を最小限にして、宮城県白石市において事前キャンプを集中して実施し、立川市では大会後の事後交流を行うことを予定しています。

 (2)選手団

ラルーシ新体操チーム(選手・コーチ・通訳等20名程度)

新体操交流会

《ベラルーシ新体操チーム》

これまでの主な経過

(1)平成29年6月

城県白石市と柴田町、仙台大学で設立した「白石市・柴田町・仙台大学東京オリ・パラ事前合宿招致推進協議会」(以下、「協議会」という。)が、ベラルーシ体操協会と事前合宿に関する協定を締結。

(2)平成30年4月13日

川市と協議会が調整を開始。

(3)平成30年7月31日

ラルーシ新体操チームが立川市を視察。

(4)平成30年9月29日

ラルーシ新体操チームに、平成31(2019)年度の立川市を含む合宿日程を提示し了承を得る。

(5)平成30年11月7日

川市と協議会が平成31(2019)年度の合宿日程及び平成32(2020)年の合宿で合意。

川市における事前キャンプが決定

 

お問い合わせ

産業文化スポーツ部オリンピック・パラリンピック準備室 

電話番号:042-523-2111

ファックス:042-527-8074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。