ここから本文です。

ホーム > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピック > 事前キャンプの誘致 > 株式会社立飛ホールディングスとパンアメリカン・スポーツ機構による「事前合宿及びスポーツ交流に関する覚書」の調印について

更新日:2018年11月28日

株式会社立飛ホールディングスとパンアメリカン・スポーツ機構による「事前合宿及びスポーツ交流に関する覚書」の調印について

概要

株式会社立飛ホールディングスとパンアメリカン・スポーツ機構は、「事前合宿及びスポーツ交流に関する覚書」に調印し、パンアメリカン・スポーツ機構が立川市とその近郊で行う東京2020オリンピック競技大会の事前トレーニングキャンプの調整や、パンアメリカン・スポーツ機構に加盟するオリンピック参加国・地域の選手やコーチ、スタッフと市民との交流について互いに協力することになりました。

市と立川商工会議所は、株式会社立飛ホールディングスと協議の上、この覚書に基づき、選手と市民や子どもたちとの交流の調整や、本市が所有する既存のスポーツ施設の利用について、可能な限りでの協力を行います。

 

【パンアメリカン・スポーツ機構とは】

北中南米に立地する41カ国・地域の国内オリンピック委員会の集合組織で、パンアメリカン競技大会等を主催しています。

覚書調印式の概要

(1)日時成30年11月24日(土曜日)13時30分(開会)

(2)会場ーム立川立飛(立川市泉町500-4)

(3)調印者ンアメリカン・スポーツ機構会長NevenIlic氏

株式会社立飛ホールディングス代表取締役社長山正道氏

(4)協力川市及び立川商工会議所

 

パナムスポーツ調印式

(左から清水市長、パンナムスポーツのイリック会長、立飛ホールディングスの村山社長、パンナムスポーツのシスニエガ事務総長、立川商工会議所の佐藤会頭)

 

パンナムスポーツ調印式(全体写真)

 

市では、株式会社立飛ホールディングスとパンアメリカン・スポーツ機構が調印した「事前合宿及びスポーツ交流に関する覚書」に協力し、市民や子どもたちが選手と交流することで心に残る取組としていきます。

お問い合わせ

産業文化スポーツ部オリンピック・パラリンピック準備室 

電話番号:042-523-2111

ファックス:042-527-8074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。