ホーム > 防災・防犯 > 防犯 > 予防・啓発 > 客引き・スカウト等は市条例で禁止されています

ここから本文です。

更新日:2018年11月13日

客引き・スカウト等は市条例で禁止されています

平成17年に条例を施行し、風俗店、性風俗店に関する客引き、勧誘行為等を規制の対象としてきました。

その後、一部の居酒屋等の飲食店、カラオケ店、美容室などの客引き行為が問題となり、市民・来街者から苦情の声が寄せられ、平成27年に規制対象業種を拡大するなどの一部改正を行いました。

立川市安全安心パトロール員と称する嘱託職員・委託警備員が「迷惑行為防止重点地区」で夕方から夜間にかけて毎日(祝日・年末年始を除く)パトロール活動を実施し、条例違反者に対して注意、指導、警告等をおこなっています。

立川市客引き行為、勧誘行為、客待ち行為、つきまとい行為及びピンクちらしの配布等の防止に関する条例(PDF:162KB)

立川市客引き行為、勧誘行為、客待ち行為、つきまとい行為及びピンクちらしの配布等の防止に関する条例施行規則(PDF:127KB)

啓発チラシ(PDF:915KB)

条例の概要

禁止行為

  • 客引き行為(多数の通行人の中から相手を特定して客となるように誘引する行為)
  • 勧誘行為(多数の通行人の中から相手を特定して風俗店等で働くように勧め誘う行為)
  • 客待ち行為(客引き・勧誘する目的でうろつき、たたずみ、たむろする行為)
  • つきまとい行為(多数の通行人の中から相手を特定し、相手が拒絶の意思を示しているにも関わらず、執拗につきまとって客引き・勧誘する行為)
  • ピンクちらしの公共の場における配布、掲示、配置及び住居等への配布、差し入れ、前記行為を目的で所持すること

規制の対象

  • 客引き行為について、営利目的で客引き行為を行うすべての業種
  • 勧誘行為について、風俗店、性風俗店等で働くように勧誘する者
  • 客待ち行為について、前記客引き・勧誘行為をする目的で客待ちをするすべての業種
  • つきまとい行為について、営利目的を問わず、すべての業種

調査

本条例において、違反者に「公表」や「過料」を課すことを定めており、公表や過料を課すために必要となる「調査」を行うことができます。

市民指導員の設置

これまで市安全安心パトロール指導員、同補助員によるパトロールを重ねてまいりましたが、自治会等から推薦を受け、必要な講習を受けた市民等の方にも、「立川市客引き等防止市民指導員(以下、市民指導員という)」として、市が実施する安全安心パトロールや啓発キャンペーンなどにご協力をいただいております。

罰則

禁止行為を繰り返し、市がパトロールを実施する中で、再三に渡る指導に従わず、さらに、警告、勧告にも従わない場合は、違反者の氏名、住所、店舗名などを「公表」し、それでも、違反行為を繰り返す場合には、「過料50,000円」が課せられます。

条例の対象区域は立川市全域となります

本条例の対象区域は立川市全域となりますが、その中で、特に、客引き・勧誘・客待ち・つきまとい行為及びピンクちらしの配布等などで多くの苦情が寄せられた駅周辺地域を重点地区として設定し、当地区内において、立川市安全安心パトロール指導員等によるパトロールを実施し、指導に当たります。

事業者・従業員の方へ

客引き・スカウト・客待ち・つきまとい行為及びピンクちらしの配布等の禁止行為をしてはいけません。

また、事業者の方は、従業員や委託業者にさせてはいけません。

市民・来街者の方へ

客引き・スカウト・つきまとい行為等、きっぱり断り、ついていかないようにしましょう

客引きされて後悔したという声も多数ございますので、ご注意ください。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部生活安全課 

電話番号:042-523-2111

ファックス:042-528-4333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。