ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > ご注意ください > 低温やけどに気をつけましょう

更新日:2017年1月10日

低温やけどに気をつけましょう

ゆたんぽでの低温やけどを防ぎましょう

就寝時にゆたんぽを布団の中で使用して、低温やけどをする事故が続いています。

低温やけどは、心地よく感じる程度の暖かさの温度でも長時間にわたって皮膚に接すると、やけどをすることもあるもので皮膚の深いところにまで達した場合には重症になることもあります。

低温やけどを確実に防ぐため、ゆたんぽの使用に際しては、就寝時にはゆたんぽを布団から出すなど、それぞれの製品の取扱上の注意等をよく確認して使用してください。

詳しくは東京都のホームページをご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

市民生活部生活安全課消費生活センター係

電話番号:042-528-6801

ファックス:042-528-6805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。